リサイクルショップ:ロビンフット絶賛???

無職中の出来事でした。

入退院を繰り返していたこともあって、

体重も落ちて、ほほもコケていました。


そんな私を見て、父が心配してくれました、、、、。

「これで、何か美味しいものを食べて体力を付けなさい!」





年をとっても親はありがたいと感じたその時!!






そっと!割りばしが出てきました、、、( ;∀;)






オーディオ遊びが絶好調!!

その立役者にリサイクルショップ”ロビンフット”を忘れてはいけません!!

洋服がメインのお店ですが、全てが”ジャンク”で返品不能!!

レコード・CD・本は組み合わせ自由で10点まで300円!!

昨年12月のオープン当初は随分と”お宝発掘!”いたしました!!



以降は大漁!!とはいかないですが、

お百度参りでコツコツとお宝ゲット!!です!!


ビクター:JL-B37R

中級機ではありますが、

アームに名器UA-5045同等品を

搭載しカートリッジに名器X-1の

設計内容を継承したZ-1Sが付属!



汚れ・傷・浮き錆びが多い!!

ですが、カートリッジもまだ使えそうで

一度聞いて見たかったプレーヤー

でしたので捕獲!!

浮き錆びはピカールで磨き!ました!



回転がピッタリ!!とは行かず、

微調整のヴォリュームの洗浄!

それでもダメ!で、内部の半固定VR

(写真の基板の右下の2個)を

洗浄し微調整してOK!となりました!



後はいつもの磨きまくりと

艶出し作業!!

見た目にも美しい往年のB37Rが

復活しました!!





やはり輝くアームはプレーヤーの

魅力の一つだと感じました!!

付属のカートリッジZ-1Sも

まだまだ絶好調!だったため

クリヤーでジャンル選ばずに



気もち良い歌声が聞けました!!


これで、1500円(割引券ー100円)

で捕獲出来たので尚更

ラッキーでした!!









続いてもプレーヤー!!

サンスイの入門機!!

SR-333!!

付属するカートリッジはSV-44で

ナガオカの交換針が付いていました!



”通電○”となっていたのですが

確かに回転しました!!

ですが、ワウフラの連続で

聞ける状態ではありません!!

カートリッジ目当てなのでOKですが!




部品取りとして廃棄も考えたのですが

折角なので修理に挑戦!!

微調整用VRと基板上の半固定VRの

接触不良の洗浄と調整に30分も

かかるしつこい汚れがありました!



でも、調整が終わると微動だしない

素晴らしい回転精度!!

まるで”クォーツロック”が

かかったようです!!

音質も癖も無くオールジャンルOK!



カバーに1本傷が目立ちますが

全体的には汚れを落としただけで

綺麗になりました!!


と!復活したかのようですが、、、




最後の最後に、、、壊れていたり

外れて無くなっていた

インシュレーターを別機種の

保管品を使い修復しました!!





ダイキャストではなく

樹脂製のボディですが、

アーム共々、汚れを落とし

艶出しで仕上げると”ピッカピカ!!”

気分爽快!!「あーそうかい?」

800円(-100円)でした!!





またしてもプレーヤー!!

名も無き??かと思ったら

”CROWN”と書いてあります!!

”通電×”!!触るのも嫌な汚れ!!

でした!!(写真はクリーニング後)




カートリッジに何故か?

シュアーM72MJが装着されて

いたので迷わず!!捕獲!!

お値段!!なんと!!

たったの100円!!(笑





本体は部品取りで廃棄する

つもりでしたがベルトが

交換されており元気だったので

一生懸命修復した結果!!

生き返りました!!(ラッキー!!)







続いて、300円のアンプ!!(笑

ケンウッド:KA-880SD

パワーICを採用した中級機!

発売当時のことは

さっぱり分かりません!!(笑





外観に大きな傷は無かったのですが、

汚れが酷く、分解洗浄し艶出し!!


機能的には”ガリ!”が酷く

SWやヴォリュームの洗浄に加え

スピーカーリレーも内部洗浄!!





それによって、飛躍的に音質向上!!

驚くほどの”押し出しと高音の伸び!

(パワーICの音としての感想です)


これが300円の音とは思えない!!




その他、100円や300円のCDプレーヤーや

レコード・CDとも”ぽつぽつ”とお宝捕獲中!!

先週はトリオ:KP5050にシュアー:V-15Ⅳ(針折れ)が

たった!!3500円!!で1週間以上ほったらかしでしたが

どなたかが捕獲したようです!!(笑


昨日は、高級オーディオラックが”たった500円!!”で

展示されていたのですが、完売!!


ほとんどが使えないDVDやビデオデッキばかりですが、

時折り”お宝発見!”です!!

仕事帰りに気楽に回れるお店なので

楽しみにお百度参りが続きます!!


皆さんも激安ジャンクで遊びましょうーーーーー!!(笑


*ヤフブロ中止に困惑しております、、、。
 ブログの簡単移設方法の開発に期待するも
 難しいようで、、、、( ;∀;)


関連記事
スポンサーサイト



DENONのジャンク??DP-50LとDP-790W

”ピンポーーーン!!”

「はーーーい!どうぞー開いてますよーー!」



誰か遊びに来たようです!!




「うわーーーーーーーーーあっ!!」Σ(・□・;)





一瞬!目を覆って指のすき間から見て下さい!!








手ぶらで遊びに来てね!”

と言った私が悪かったのか??(笑




ご希望の方は、以下の類似写真もご覧ください!

ただし!!R50!!

(50歳以上の酔った親父専用です!)





















朝から不快な思いをした方々には大変申し訳ありませんでした!!


楽しいオーディオ遊びです!!

ハードオフからの捕獲品ですが、

”ジャンク品”と言えども”必ず不具合があるとは限らない”

と言う証明を致したいと思います!!


まずは、DENON DP-50Lです!!

”動作しました!詳細チェックしてません”

とコメントがあるジャンク品です!


見た目は大きな傷も無く若干薄汚れた程度!

汚れを落として艶出しで仕上げれば十分

使えそう!!



ビニールシートに小さな剥がれあり!

その他、テープ跡?

や若干の皺などもありました!!

それでもインシュレーターも含めて

アームの動きもあまり痛んだ様子もなく

回転系に問題なければ超!!ラッキーな

美品です!!



ジャンクの理由が分かりました!!

DP-50Lは”スタートボタン”を押すと

ストロボは点灯して静止(回転同期)して

正常に回転しているように見えますが

実際はオートリフトアップ機能のついた

アームをダウンさせないと回転しないのです!





店員さんは正常動作したと言いつつ

故障と勘違いしたようです!!


結局、細かい補修と全体的なクリーニング

(マジックリンでを使用したのですがかなりの

タバコのヤニが出て臭かった!!)

で完成しました!!



全く故障が無いどころか

驚くほど傷も無い美品にしあがり

オートリフトアップが便利な高音質

プレーヤーに戻りました!!


同じ店の中古コーナーにDENON DP-50M

があるのですが、、、、21,600円です!!





こちらは、たった”2,700円”で完成!!

郡山フルレンジクラブ員のmizu さんが




2700円で引き取らて行きました!!
















続いて同じDENONのDPー790Wです!

”カートリッジが無く未チェック”のコメントでした!!

でもおかしいですよね!!

ハードオフの買取検査には保有するお店の

カートリッジを使用して音出し確認するはず?!

何か不具合があって”未チェック”で誤魔化している



ことは時々あるので、疑ってしまいます!!

ですが、見た感じ大きな傷も無くアームもしっかり

していたので捕獲しました!!


家に帰って、欠品していたストロボシートを

別機種品で代用して回転調整しました!!

ここまでは不具合なし!!



で!!!・・・で楽しい試聴!!開始!!

したのですが、、、、、


やっぱり!!右チャンネルの音が出ません!!

カートリッジの4端子を磨いても解決せず!!

結局キャビ裏のフォノケーブルが緩んでいて

接触不良を起こしていただけで刺しなおしたら

直りました!!(笑



当時のDENONが得意の

セミロングアームも美しく仕上がり

傷の無いキャビは汚れ落としと艶出しで

まるで!!新品のようにしあがりました!!


これがたったの”540円!”のジャンクだった

とは誰も信じないですよね!!




こうして、修理技術の無い私でも十分満足出来る

”ジャンク遊び”を続けております!!

次回は、最近嵌っているリサイクルショップ

”ロビンフット”での獲物をご紹介します!!

*明日への活力であるコメントが激減しております、皆様からの暖かいご協力をお願いします。m(__)m


関連記事

ダイヤトーンDS-251mkⅡ!!劇的復活!!

GWを利用して関西方面へ旅行に行ってきた友人が

土産話を持って遊びに来てくれました!!

その友人は国内旅行が好きで全国を回ってるのですが、、、、、、


友人:「いやーーー!!驚いた!!今回の旅行で日本で一番汚れた町を見たよ!」

私:「それどこなの?」








友人:「北奈良市!!」(汚らし)


私:「ひょえーーーーー!!」


*親父ギャグのフィクションです、北奈良市は実在しません。m(__)m




久しぶりに呼び止めるスピーカーのお話です。

いつものお百度参りを終えて、獲物も無く帰ろうとした時でした!

通り過ぎたレジ横の入荷品に紛れて、1対のスピーカーが泣いていました。

「誰かーーーー!ここから出してくれーーーー!!」

沢山のジャンクに埋もれて汚れ付いたその姿は、

まぎれもなく”ダイヤトーンの思い出の名器”でした!!


その姿は、サランネットに染みが

浮き出し細かい汚れがあちこちに

付いていました!!

これは染みとともに日焼けによる

繊維が劣化し洗っても落ちません!



サランネットを外すと

ベッコリと凹んだウーハーの

センターキャップが見えました!

コーン紙の日焼けもあり

バッフル含めて汚れと埃で可哀想!



更に片方のツィーターには

亀裂に近い跡が!!

センターキャップも潰れていましたが、

この写真は、急いでセロテープで

修正した後です!



既にお判りでしょうけど、70年代に一世を風靡した

ダイヤトーン:DS-251mkⅡでした!!

学生時代に友人宅で聞いて以来、最近になってジャンクで出会い

何台か修理してその活気ある歌声に聞き惚れているのです!!


前回出会ったDS-251は近所のハードオフで

引き取って頂いたのですが

そのハードオフに雑誌”ステレオ時代”の

取材陣が佐伯先生宅を訪問した後に立ち寄られ

その時、私の修理したDS-251を発見して

ブログで紹介されていました!!

これは驚きです!!



そんなこともあって今回の出会いも大切にしました!!


中を確認すると!!

片方のツィーターフレームに

浮き錆び!!

このままだとボイスコイルの

ギャップに錆が回って固着の危険性!



音出しは可能でしたが

妙に歪っぽく、

聞くに堪えませんでした!


原因は案の定!!

アッテネーターの汚れ!!


不具合を確認して修理開始です!!




ウーハーのセンターキャップを

掃除機で吸い出し日焼けを隠すため

カーボンコーティングしました!!

エッジが硬化して低音が出ないので

ブレーキフルードで軟化!



ツィーターフレームの浮き錆びは

CRCを塗った布切れで拭き取り

錆び止め代わりにCRCを擦りこみ

ました!!  アルミコーン紙も汚れを

落として艶出で仕上げ!!



亀裂の入ったツィーターは

エッジ貼り付け用のボンドで接着し

日焼け対策でカーボンコーティング!

更にエッジを軟化!!

硬化は歪っぽい原因の一つです!!



アッテネーターはパーツクリーナーで

汚れを落として、少量のケイグ

接点復活剤を綿棒で塗り込みます。

多いとべた付いて埃を呼び寄せ

ますのでまたすぐ汚れます!



BOXはマジックリンで汚れを落とし
ワトコオイルで仕上げました!!

今回は劣化が少なかったので

サンドペーパーでの面だしは不要!!

バッフルも汚れを落とし、

アーマーオールで艶出し!!



エッジの軟化程度を3日ほどかけて

再調整して組み込み完成!!

ウーハー凹み跡は残り

サランネットのシミも残りましたが

奇跡的に上々の美しさ!!



楽しい試聴です!!

アコースティックサスペンションの

硬化絶大でバスレフのような

ボン付いた低音は出ませんが

大きさの割に最低音も伸び


切れ味が良いですね!!

勿論中音の張り出しから明るく安定した女性ボーカルや

艶々のサックスやトランペット!!

スーパーツィーターによるギターの金属弦の震えや

ピアノの弦の余韻までしっかりと聞き取れて

”あの頃の名器の歌声”を見ごとに再現出来ました!!


・・・・そして、昨日・・・・

遊びに来たジャズ親父さんとmizuさんに試聴して頂いたのですが、

思いの他”大感動!”されていました!!


でっ!!

mizuさん、早速のお持ち帰りでご自宅でのご試聴と相成りました!!




いやーーー!!ほんと、ジャンク遊びって楽しいですねーーー!!

m(__)m、明日への活力!!コメントをお願いします!!m(__)m







関連記事

哀れ!!傷だらけのフィリップス20cmフルレンジ!!

先日の”こどもの日”ですが、

近所のちょっとしたイベントを覘いて来ました!!

御家族で来られた方々が多く

お子さんの笑顔があちこちに!!


そんな中で、おじいちゃんと仲良く

冷たいデザートを楽しんでいる子供がいました!!

その笑顔を見ておじいちゃんも嬉しそう!!



なるほど!!


これがほんとの!!









ソフトクリーム(祖父とクリーム)

なのですね!!





さて、オーディオ遊びですが、連休前からジャンクをあちこちから入手して

かなりの消化不良!!・・・・嬉しい悲鳴です!!

その中の一つ!!・・・・・可哀想なフィリップス20cmフルレンジのお話です。



とある場所から数十個のフィリップスが発掘されたのですが、

どれもが状態悪く、私のもとに届くまでに”断線やコーン紙の大きな破損、

また鉄製フレームの錆止めも剥がれて赤錆になった物は

廃棄するしかなかったとの事でした!!

残ったフィリップスはアルニコマグネットが8個と

フェライトマグネットが2個でした!!


実はこの1か月ほど前にも20cmと16cmのフィリップスが届いて

修復後近隣の友人で欲しい方に配って歩いたのです!!




引き取って来た合計10個の

フィリップスも瀕死の状態!!

もはやリビルドの目途も立たない

状態で、暫くは思案の状態でした!!





フレームの浮き錆びは削り落とし

錆び止め代わりに何か塗ろうか?









フィックスドエッジは亀裂が入っており

亀裂うあ虫食いの状態に合わせて

裏からのあて紙補強か

ボンドでの亀裂補修・・・・。






日焼けしたコーン紙は

染料での張りも回復が必要!!


アルニコマグネットの8個は

どれも酷い状態でした!!



フェライトマグネットの2個は

比較的状態が良くて

綺麗にするだけで使えそうです!!

ですが、フレームに貼られた強力な

両面テープが剥がれません、、、



結局、大きく長い亀裂は

裏から新聞紙を

適当な大きさに切って

補強しました!!

使ったボンドはエマルジョン系です!



狭い亀裂で振幅に影響が少ない

エッジの際には多めのボンドで

補強を兼ねて接着しました。


*ボンドで振幅が小さくなっては

音質が大きく変わってしまいますね!





亀裂や穴の大きさによっては

裏からあてた新聞紙が

コーン紙前面から見える状態!

それだけ劣化が激しかった!!





日焼けしたコーン紙なので

カーボンコーティングで

コーン紙を少しでも強化と

見た目の美しさを取り戻し、

前述の新聞紙のチラ見えを

塗り隠しました!!(笑


それでも仕上がったフィリップスの

エッジのダンピングにムラがあり

取りあえず状態確認して2個ペアを



選定し楽しい試聴!!

これまでの苦労を報いる時間です!

BOXは、JBL:C48(マジソン)の

レプリカに交換バッフルを総装着!!

40リットルほどのバスレフです!



最初にビクター4chプリメイン

MCA-V9を使って

OTL結線とBTL結線それぞれで

楽しんだのですが、

数年前に修復した同じ20cm

フィリップス同様に


中高音にピークを感じ

長時間は聞きたくない音です!

そこで登場したのが同じフィリップスの

プリメイン:590です!!

このアンプは何度か



使っているのですが

コンパクトでこ洒落たデザインが

好きです!!

ですが、今までの感想は”曖昧”

な音で小型SPのBGMぐらいしか



活躍の場がありませんでした、、、。


ですが!!今回!!

同じフィリップスのスピーカーと

カートリッジとの組み合わせで

実力発揮!!

スピーカーの飛び出す中高音を上手く抑制して、

本来のフィリップスサウンド??と思わせるしっとりと落ち着いた音を

クラシック音楽とともに官能出来ました!!

これこそ、ジャンク遊びの醍醐味!!


そして!!完成したフィリップス20cmは4個を残して

近隣友人に引き取って頂くことができました!!

郡山では有名なユニットなのですが、

単品での使用は音質的に

難があることを知っている人も多く、

これ以上の引き取り手を見つける事が出来ませんでした。

折角救い上げたジャンク達も使用者が見つからないことも多く

もっともっと、ジャンク遊びを普及させなくては!!・・・と、感じるこの頃です!!


*哀れなフィリップスと明日への活力のためにコメントをお願いします!m(__)m


関連記事

ダークホース!!ダイナコPAT-4

連休も残すところ2日となりましたね!!

どこか旅行へは行かれましたか?


海外旅行へ行っていた友人も昨日帰国いたしました!!

友人が驚いたのは、その国は”幼い子供たち”

ばかり住んでいたそうです!!

日本では考えられないですねーーー!!



その国の名前は、









”乳児ーランド”(ニュージーランド)と言います!!(笑



さて、連休中も数え切れないオーディオ遊びで

いささか疲れ気味ですが、、、、、(笑


そんな中!!マイナーですが、激レアなプリアンプを手にすることが出来ました!!


それは、アメリカで作られた

”ダイナコ”PAT-4(プリアンプ)

若い頃、ダイナコMarkⅢ(パワー)を

聞く機会があったのですが、

その”ずんぐりむっくりした音”が



当時憧れていた”スッキリした音”とは

真逆で珍しいうえに高価でもあり

その後は、お目にかかる機会すら

ありませんでした!!

今回は激安でもありやっと手元に

プリアンプのPAT-4が!!



メンテ・整備品ではありましたが、

内部を見たかったので開腹!!

片chに4個のトランジスタと

シンプルな回路ですが、良質な

手作り感がイイ感じですね!!



ヴォリュームとSWの接点洗浄と

木箱は汚れ落としと面出しし

ワトコオイルで仕上げ!!

パネルもつまみも汚れ落として、

艶出し剤で仕上げました!!



試聴はトランジスタパワーも

使ったのですが、シングル接続の

真空管パワーが似合っていまた!

これはスピーカーによっても

変わると思いますが!!




そして!!視聴に選んだスピーカーは!!


何故か?”パンケーキ食べたい!!”





と頭の中で叫び続けていたので!





愛称が”パンケーキ”の

ALTEC:755E

を選択しました!!(笑

中音がパッリ!!とした

お気に入りのフルレンジの一つです!



BOXには、JBL:C48

通称:マジソンを使用しサブバッフルを

755E用に作りました!

バスレフですが、密閉にして使った

ほうが755Eには似合いそうです!!



色々と試聴したのですが、

気に入ったのは、”サックス!!”

特にテナーサックスの

ゴリゴリとした押し出しは必聴!!

正しくアメリカンサウンド!!か??



根っからの貧乏人である私は

一生、買えそうもない

超高級”マッキントッシュアンプ”を

諦めて、このダイナコ:PAT-4

で我慢しても十分楽しめます!(笑



そして!!現在!!

このダイナコPAT-4はフルレンジクラブ内で希望の方々のご自宅へ

貸し出されて、新たなオーナーを見つける旅へと出かけたのです!!


・・・オーディオ仲間だからこその楽しみですね!!・・・


*コメントもお忘れなく!!m(__)m



関連記事

プロフィール

プリウス1

Author:プリウス1
お役に立てないステレオの思い出話ですが、コメント大歓迎です!!

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR