AIWA SC45 アイデン12cm

肺気胸・肺炎で入院中に古くからの友人がお見舞いに来てくれました。

彼は、未だに独身で自由気ままな生活を満喫しているのですが、

歳の近い私が、立て続けに入院したのが気になって

「俺、人間ドッグ受けようかと思うんだ!」

と、自分の健康状態が気になったそうです。


人間ドッグ当日の付き添いで、私も同行したのですが、

友人は、初めて受ける検査ばかりで戸惑いながらも全検査終了。

医師からの診断報告を受けたのです。



診断結果を聴き終えて、診察室を出てきた友人は、

顔色が悪くなっていました。


私は、「どうした?どっか悪いところが見つかったのか?」

と聞くと、、、友人は、、、、

「先生から、余命ない・・・・と言われた・・・・・。


・・・・・・・暫しの沈黙・・・・・・私も驚きが隠せませんでした。





「で、先生に詳しく聞いたのか?、、、今すぐ聞きに行こう!」

友人を押すようにして、診察室に戻り先生に聞きました。




「先生、〇〇君(友人)の診断で、余命ないとのことでしたが、

 詳しく説明して頂けますか?」

すると、先生は!!



「”独身”とのことで”嫁いない”と言ったのです・・・」




さて、オーディオ遊びは失敗談を・・・・・(笑


ヤフオクで見つけたのは、

「片方の出音が小さく歪ます」

とジャンクの、AIWA:SC45

ユニットは、アイデンからの

OEM供給品12cmフルレンジ!


あまり入札する人もいないだろうし、軽いボイスコイルの固着なら

コーン紙を押し込んで直るだろう!!

と勝手な想像をして落札しました!!



ところが到着してユニットを外すして

確認すると・・・・・

すでのマグネットの隙間全体が

錆びていて、固着も重症でした!!

マグネットを剥ぎ取ってボイスコイルを



ギャップから外す手段もありますが、

固着(錆び)が激しいと無理。

どうせ無理なら、ダンパー側を

外した方が、修理できた場合の

組み直しが楽!!!

ところが!!

”どうせ無理なら”の予想的中!!

ボイスコイルがコーン紙から外れて

万事休す!!


その時!!私は慌てもせずに・・・・

落ち着いて、キャビネットから

控えのアイデン・ユニットを取り出し

エッジの柔らかさを確かめ、

十分使用可能と判断して、、、



汚れを落とし、傷一つないBOXに

組み入れたのです!!(笑



これでも修理と言えるのか

疑問ですが・・・・(笑




落札価格+送料=4000円弱

に加え、手持ち品で最も程度良好

のアイデン・ユニットを取り付けて

”いったい?いくらかかっているか?”

大失敗の修理か??



それでも、AIWA SC45は、アイデン12cmの血を引き継いで

とても、ラジカセのグレードアップ・スピーカーとは思えない美声を

部屋中に響かせてくれました!!

やっぱり、アイデンはイイですね!!(笑






関連記事
スポンサーサイト



OTTO TP-L3リニアモーター

paragonさんから、修理依頼されたのは、

OTTO TP-L3・・・・リニアモーターを採用した

レコードプレーヤーでした。

・・・リニアモーターのプレーヤーは、OTTOから3機種しか発売されておらず
・・・どれも貴重です。


昨年、これと同機種の修理記事を投稿したのですが、

今は、3台ともに手放してしまいました。





修理依頼の内容は、回転が途中で引っかかるとのことで、

思い浮かんだのは、プラッター裏にセットされた120局のマグネットの

浮きでした!!・・・・修理経験あり!!



早速確認して見ると、

案の定マグネットの接着剤が

劣化のためか?膨らんでいて

場所によってはマグネットにヒビが!

これには驚きました!!




以前と同様、浮かんだ部分の

隙間をペンチで押させながら

瞬間接着剤を流し込んで

マグネットを元に位置に固定する

作戦を考えました。

ことろが!!マグネットが




浮いている場所が何か所もあり

ペンチで押さえ続けるのが

難しいので写真のように、

ゴム(緑・黒)を使ってマグネットのヒビ

の助長に注してクランプを使用!!



何とか数か所を修理したのですが、

引っ掛かりは完全には直りません!

ボンド劣化でマグネット全体が

浮いているようです。

最後の手段!!

マグネットを全体的に紙やすりで

削り、引っかからないギリギリまで

薄くしました!!

・・・オーナーの了承後に削りました・・・





これでやっと、引っかかることなく

回転系は正常に動きました。

相変わらず、リニアモーターは

静かにそして正確に回転してます。

LP片面25分かかるところを
20分で終了するスピードです!!(笑



カバーも本体もアームもかなり

擦り傷・浮き錆び・汚れが酷く

いつも以上に一生懸命掃除!!

そして、ピカールによる

地獄の磨き!そして艶出し作業!





中古品として恥ずかしくない外観まで

修復し、試聴を繰り返し、

オートリターン・カット機構にも

問題ない事を確認し

返却する旨を連絡しました!!





すると、Paragonさんからの

追加依頼で、”予防保全に

電解コンを交換とその他回路の

目視チェック”を仰せつかり、

電解コン7個は新品交換しました!



その他は問題ないようなので、修理完了!!


目出度く、Paragonさんへ返却出来ました!!


それにしても、修理品が届いたのが3月1日(入院した日)で、

結局、修理期間は1か月にも及びました!!

それでもPragonさんは、急いでなないので・・・・

と優しい言葉を頂らがら、、、m(__)m


TP-L3はオートリターンが付いておりますので

演奏中に、居眠りしても安心ですよ!!


皆さんも、ジャンク品と諦める前に

”捨てる覚悟で修理挑戦!!”・・・・如何でしょうかーーー?!

関連記事

3月の反省(経過)・・・m(__)m

3月の反省

3月1日未明・・・ふと目が覚めると、高熱にうなされていた。

体温計は、39.6度と表示された。

”インフルエンザか?”・・・・体が重く立つことすらままならない状態でした。

朝になって、病院へ行こうとするも、体が動かない、

もう暫く布団の中で惰眠を貪って、、、、、いつの間にか午後2時!!

高熱を少しでも下げるため、手持ちの解熱剤を飲んで、近所のクリニックへ

家内に送ってもらった。


クリニックでの検温は、39.2度、インフルエンザは陰性、

血液検査・胸レントゲンと検査結果が出ると、車で待っていた家内が

呼び出されました。

意識もうろうとする中、先生の話では、

”白血球の数が3万オーバーしてます!その他炎症を表す数値も異常で

レントゲンから”右の肺炎”です。今すぐ入院施設のある病院を紹介するので

そのまま向かって下さい!”


私は別室のベットに運ばれ暫く眠った気がします。

1時間も過ぎたでしょうか・・・・・病院が決まって家内の運転で向かいました。

救急病棟に受け入れられて、様々な検査を行い、

”抗生物質を2種類投与しします。3週間の入院計画です。

途中で、肺に溜まった、水・膿を外科手術で吸引するかも知れません!”

先生の診断結果です。

その夜は、救急外来のベットで過ごし、抗生物質の効果か、夜中には

自分の足で立ち上がり、熱も38度台まで下がりました。

ただし、酸素吸入をしないと息苦しさで座り込んでしまう状態でした。


翌2日になって、一般病棟のベットが空いたとのことでそちらへ移動、

それから、酸素吸入が外されるまで3日かかりました。

(前回の肺気胸の入院時は1日で外された)


24時間体制で2種類の抗生物質の投与が続くのですが、

夕方4時頃になると37~38度越えの発熱・・・・さらに日に日に食欲減退

入院前よりは改善するも体のだるさが続き、3日目から軽い下痢も毎日、、、。



10日に徹底的な出来事が!!

顔が赤いことに家内が気づき、発熱の中 

胸や背中を見てもらうとやはり赤い”点々”で埋め尽くされていました!

看護師さんを呼んで見てもらうと、発疹ですね!と先生に報告!!

一旦、抗生物質の投与を中断したのです。

・・・でも、暫くすると抗生物質の影響ではないかも知れません投与継続します。

・・・12日の皮膚科で診察して貰いましょう・・・・とのこと。


でも、その抗生物質を投与して暫くすると発熱があり発疹が増えるのです。


結局、12日の明け方まで投与を続け、皮膚科へ行くと

”抗生物質に含まれている、ペニシリンによるアレルギー反応です!

その抗生物質の投与を中止するように!”

やはり!!・・・・点滴の抗生物質を止めて、錠剤に変更。



それでも、血液検査の結果は良好とのことで17日に逃げるように退院しました。


しかし!!退院後の自宅療養でも食欲不振と下痢が続き

体力は益々減退していったのです、、、。

せめて食欲だけでも取り戻せればと出来る限り食べようとするのですが

中々喉を通りません。



まずは、無理せず水分補給と一日のほとんどを寝て過ごしていました。



整腸剤の力を借りて、食欲も取り戻しつつあり、出勤出来たのは

26日(月)でした。・・・・ただし1週間は午前中で早退するほどの体力状態。

とにかく、抗生物質の連続投与には恐怖を感じる経験となってしまいました。


そして、本日・・・・・食欲が戻って数日が経ち、昨日は遅れていた

タイヤ交換を実に3時間かけて行いました!!(休憩時間が長かった)


更に愚ブログ記事更新を気にされて、

不義理を続けてしまった皆様へ

いっその事、ブログを書く資格もない管理者として

このまま、ブロ更新中止も考えましたが、

皆さまのご意見を頂いて、今後を考えることさせて頂きます。

遠慮なく、御意見をお願いします。・・・・m(__)m



何名かの方には、ブログが見れない入院中からご心配の問い合わせを

頂き、申し訳けありませんでした。


毎日の様にご訪問頂いて暗黙の応援を頂いた皆様!!

心の支えとして、本当に助かりました、、、、御礼申し上げます。




そして、入院の前日まで、修理依頼のメールをしていた

paragonさんからは、3月1日に修理品が到着しており、

丁度、病院のベットの上でその話を家内から聞き、慌ててCメールで状況を

説明する始末でした。

完了は4月になるかも・・・・ご了承頂きありがとうございます。


と言うことで、オーディオ遊びは、paragonさんからの依頼品に修理記事と

なります。



関連記事

プロフィール

プリウス1

Author:プリウス1
お役に立てないステレオの思い出話ですが、コメント大歓迎です!!

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR