DENON DP1000+GUYA STO140

世の中、良い事ばかりじゃありませんね・・・。

昨晩から、鼻水が出て熱っぽくて、、、、。

今日は、肺気腫の検査通院でしたが、くしゃみは肺気胸に

繋がりそうなので、咳・くしゃみ止めの漢方薬が処方されました!


さて、オーディオ遊びのほうも

良い事ばかりでは、ありません!!(笑

最近、ブロ友になったmizujblさんから、

レコードプレーヤーの修理を依頼されて完成品を

お届けました!!

mizujblさんのブログでその事が紹介されていましたので

修理状況を報告致します!

https://blogs.yahoo.co.jp/mizujbl/33416838.html





お預かりしたのは、

DENON(デンオンですよ!)

DP1000をモーターに採用!!

アームは見知らぬモデルです。

ただ、アームから大量のオイルが



流れ出ていたので、

オイルダンプ型であることは

察しがつきました!

家に帰ってPCで調べると

GUYA:STO-140と判明!!


GUYA(グヤ)は、東京サウンドのブランドでもあり

無名かも知れませんが、その構造はしっかりとしています。

・・・分解清掃で感じました。



そして、その使用者に、”どいの父ちゃん”さんがいたのに驚きました!!





オイルが流れ出ている原因を

探る前に、流れ出たオイルを

拭き取ったのですが、2日経っても

まだ流れてくるので、一気に分解

中に残っていたオイルも綺麗に

拭き取りその構造も確認して

割れやヒビも無く、往年の

東京サウンドの構造と酷似してます!

これなら、再度オイルを入れてOK!



分解ついでにそろぞれのパーツを

ピカールで磨きあげ、浮き錆びや

くすみを取って”ピカピカ!”に!

最後に組んで、20万番のシリコン

オイルを入れて完了!!





全く回転しなかった

DP1000は開腹して基板Assyを

確認すると、、、

いつもの、”2SC458”の足が

真っ黒!!



間違いなくこいつだ!!

と、勝手に判断して、使用している

4個を全て、”2SC2458”に交換

その他、電解コンも疑っていた

のですが、特に外観では問題なく
交換しませんでした。



回転の微調整用のVRは、

基板Assy内に33・45回転用が

それぞれありますので、

合計3個のVRの汚れ落としと

接点復活剤塗布!!安定しました!



そして、厄介なことにDP1000の

外装があちこち剥がれており

致し方なく”タッチアップ”しました

100均のペイントのグレーと

ブラウンをブレンドして類似色を


作り出して、ハゲ落ちたところを

リタッチして見ました!!

するとどうでしょうーーーー!!

近眼で老眼の私が、1メートルも

離れると全く気が付かない仕上がり


(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑(笑
(笑(笑(笑(笑・・・・笑いが止まらない!!簡単な修復大成功!!



残念なことに小1時間かけて

腱鞘炎寸前まで、磨き上げた

カバーの輝きを撮り忘れた!!

( ;∀;)




アーム調整は面倒ですが、音質は良い!!

と、確認して、、、返却いたしました!!


と、ここまでは、大成功!!の良い事です!!







が、、、、、実は、もう一台修理依頼がありました、、、、。


パイオニア:PL-340

フルオートタイプですが、

アームリフターが空振り??

オートリターン途中停止??

アームの移動中の高さ不足??



メカ部分でリフターレバー下の

カムの割れか外れを疑ってのです

が、、、どこまで分解しても

病巣が見えず、、、

儚く廃棄処分となってしまいました。



こうして、1台のジャンクプレーヤーの救出には失敗、、、

オーディオ遊びも、良い事ばかりではありませんね、、、。

( ;∀;)( ;∀;)




関連記事
スポンサーサイト



関連記事

経過観察良好!!・・その他諸々!!

一昨日は、休暇を頂き、肺気胸の経過観察のため通院してきました。

2週間ぶり合う主治医の先生にレントゲン写真を見ながら

説明して頂き、

「肺の中に水が増えていますが、自然と染み込みます。

虚脱もなく、心配はいりません。外科的治療はここで終わります。

後は今まで通り(呼吸器)内科での診断を受けて下さいね!

何かあったら”すぐ!”来てください。」

とのことで、以前自然気胸の跡が残っていたことも

確認されているので含めて異常を感じたら我慢しないで

検査に来るようにとのお言葉なのでしょうね。

いずれにしろ、抜糸も終わったので一段落です。



オーディオ遊びですが、寒さのために(暖房のない)愚部屋に

長居も出来ず、、、、

今までのジャンク弄りの何点かをご紹介しようと思います。


まずは、マイクロ:MR211

ヤフオクでやっちゃいました!

2400円+送料=4000円ほどと

極少小遣いの割りには高値!

アーム後尾のウエイトが垂れて、、




ベルトの残骸がこびりつき、

あちこに汚れや傷が、、、

欠品はなさそうですが、

手持ちのベルトを付けて動作させると

アームの上下にぎこちない動きが!



開腹して、メカ部分のグリスを削除

新しい潤滑剤を塗布!

センタースピンドルも外して

同じように潤滑剤を交換しました!!

しかし今度はモーターの回転時に

異音が発生!!


モーターを分解したところ

軸受部分にあるはずの樹脂パーツが

無くなっています!!

どのような樹脂だったかは皆目見当

つかず。・・・自作数種類試すもダメ!



最終的には、”牛本革”に潤滑剤を

染み込ませて軸受代わりとしました!

相進コンデンサも安物ですが

新品に交換して、全体を一生懸命

磨いて完成!!




恐らく当時のMB300(モーター)

相当品+MA77(アーム)相当品を

組合わせたマイクロ最廉価版の

プレーヤーでしょうけど、

中々の仕上がりで飽きも来ない!!





続いてはCDプレーヤー

パイオニア:PD-515

読み込みできずのジャンク品!

リモコン付きは珍しいし、

864円に惹かれて・・・(笑



しかし!!これほど恐ろしい修理は

滅多になかった!

セオリー通りレンズクリーニングでは

直らず、、レーザー調整もだめ!!

諦めて再度組んだら直ってた!(笑



バッチリ読み込んで音質はほどほど

m(__)m・・P社様のハデ目な音は

学生時代からあまり好きでは

ないんです。・・今はトラウマですね!





手を伸ばせば届くのに

リモコンも使って見ました!!

これが離れていたら

随分と便利でしょうね!!(笑





その他にも撮りためたジャンク弄りの写真があるので

またの機会に!!

自分で読んでも修理記事になっていないのですが、、、(自爆

お暇でしたら、コメントもお願いします!!m(__)m



関連記事

背負い続ける・・・”悲しい性”( ;∀;)

人間はそれぞれ”悲しい性”を背負って生きている気がします。



私の”悲しい性”は、度々感じる

”もうダメだ!”と思うような行動をすることです。



https://blogs.yahoo.co.jp/puriusu18/15787163.html



その時は、大きく反省し”もう二度としない・・・・(はず)”

と落ち込むのですが、、、、。



これまた”悲しい性”・・・・・・忘れたころに繰り返してしまいます。








ハードオフへのお百度参り・・・

床に直置きされたジャンク達の

一番奥から聞こえたのです、、、

「買ってけーーーー・・・・」

ふと目をやると、、、



見慣れたパイオニア:S-X77


覚えているだけでも4度目の出会い

でも、呼び止められたのは初めて?

相変わらず、ウーハーエッジが

ボロボロでジャンク扱いの安物

誰も見向きもせず、私が買わないと

廃棄されてしまいそうな気がしました

これが、”悲しい性”・・・・・不要と

分かっていても買ってしまうのです。



持って帰ってやることも同じ

意外なほど良い素材の

ネットワーク(フィルムコン)

黒いのは、λコンデンサなのです。

これらを外して、ストック部品として

保管します。

それとて、4セット目ですのでストック部品ばかり増えております。

そして、決定的な”もうダメだ!”と感じることは、


このリボンツィーターなのです。

以前は、スピーカーおたくさんを

初め誰かに相談すると

”俺に譲って!!”と

即!嫁入り先が決まったのですが、



そのようなケースで、

あちこちに譲り続けること

十数セットを超えているはず、、、

もはや、引き取ってくれる方も

いない状態です。



現に全開捕獲した

左写真のリボンツィーターも

誰からも声掛けなく、

愚部屋の片隅で眠り続けています。




確かに、安物リボンツィーターでも

使い方次第で+ツィーターとして実力発揮する事が多いのは

ご存知の方も多いかと思います。


だからと言って、不要なもの(同じようなもの)を

出会う度に買ってしまう癖??は、

”悲しい性”ではないでしょうか?


もっとも、高いものは、正気を失わず買いませんが!!(笑



こうして、安物ジャンクとの出会いを大切に

出来る限りの散財を喜びと感じ

狭い部屋いっぱいに使わないジャンクを貯め込み

それでも懲りずにジャンク漁りを続ける

”悲しい性”に悩む自分が、、、、、、。



皆様からの慰めやハゲ増しのコメントが明日への活力となり

きっと、ジャンク漁りを続けていくでしょうね・・・。(笑






関連記事

EAS-20PX10・・・初めて自分で自分を褒めました!

職場復帰して4日間勤務することが出来ました。

欠勤は合計8日間でしたが、間に連休が入っているので

実際は15日間もの入院治療および3日間の休養を頂いたにも

かかわらず、沢山のハゲ増しの言葉を頂き

感謝とお詫びの気持ちでいっぱいです。

そして、ブログコメントでも沢山の方々から、

ハゲ増しの言葉を頂き、改めて感謝申し上げます。


さて、オーディオ遊び(実質は入院前)ですが、

ヤフオクで勢い余って入札して落札した同軸ユニットですが、


届いた状態もご覧のように

酷い梱包で、中でスピーカーが

ぐらぐらと揺れている状態でした。

しかもコーン紙側への防御もなく

故障しなかったのが不思議!!



早速、同軸ツィーターを外し

崩れ落ちるウレタンエッジを

剥ぎ取り始めました。

でも、このユニット用のエッジは

売っているはずもなく思案中でした。



外したツィーターはホーン型!!

フレームはプレスと廉価してますが

ホーン自体はアルミを奢っています!

マグネット下の見える赤いリングは

コイルですよ!!



9KHz-12dB/octのローカットネットワークです!

四角の黒いスポンジは、元々の吸音材であるスポンジが

朽ち果てていたので代用品を貼り付けました。

ウーハーからの高音の反射を抑えるはずです!


ウーハー部のコーン紙の日焼けは

ファンテックの浸透性塗料で

補修しました!!

塗って1時間ほどで落ちつた色に
なりますが、30ml程度で700円(高)
100均の墨汁と使い分けます





ヤフオクでウレタン製の交換エッジが

各種売っているので、寸法を確認し

何とか使えそうなエッジを

取り寄せました。

とは言え詳細寸法は合わないのを

承知してです!!(自信なし)


合わない=フレームに乗るはずの

ラフレンジが非常に短いのです!

取り付け時に慎重に位置決めして

何とか支障なく取り付け出来ました!

初めて自分で自分を褒めました!



当初、ウーハーフレームへの

ツィーター取り付けは”ハトメ”が

使われていたのですが、取り外す際

破壊せざるを得ませんでした。

これからのツィーターネットワーク
交換を考えネジ+ボルトで仕上げ!


仕上げに艶出しで磨きあげて

まるで新品のように見違えりました!


これだから、ジャンクレストアは

止められません!!

軽く音出ししても全く問題なし!!






直径13cmもある

大型のフェライトマグネットは

ロール型ウレタンエッジを

強力に抑制してくれるでしょうね!!

20cm級では有り得ない?大きさ!




急いで試聴したかったのですが

適合するサブバッフルがないため

代用するも”斜め付け”を

せざるを得ませんでした。

実際は23cm級の口径なのです!!



そして!楽しい試聴!!

輝く、アルミホーン同様に

煌びやか過ぎる!高音!!(笑

ネットワーク乗数見直し決定!!

と、思ったのですが、




数時間も聴いていると

落ち着き始め、

(最近)有名なテクニクス

EAS-5HH17(G)を彷彿される

素直で聴きやすい高音になりました!



ウレタンエッジも徐々に馴染んで

しなやかなダンピングが意外なほど

しっとり低い音までまとまり良く

再生します!!

久しぶりのお気に入り完成!!



ジャズ(ラッパ)もクラシック(弦)も全く違和感なく再生します!!

EAS-20PX10は、オーディオの足跡によると1960年代中期?の

製品がそうですが、、、、私は1962年製!!

同世代が、大手術とリハビリでここまで蘇ったのですから、

ここでまた!”初めて自分で自分を褒めたい!”と思います!!


皆さんも古くて汚いスピーカーを見捨てることなく再起を願って

レストアして下さい!!

そして、蘇ったスピーカーを元気よく歌わせてあげて下さいね!!



関連記事

不義理が続いてますが、、、m(__)m

2017年12月28日(木)・・・・・午前6:50


愚宅玄関前に到着ししたのは、1台の救急車でした、、、、。


早朝から襲われた、右胸の激痛に我慢できなく、起きてきた家内に

”救急車を呼んでくれ!”と頼んだのです。

息苦しさのため深呼吸をする度に襲って来る激痛!

・・・・右腕は、付け根部分から動かそうとすると同様に激痛が走り

声も出せないまま、立ち膝状態で固まって、救急車の到着を待っていました!


総合病院へ運び込まれて、血中酸素濃度の低下が確認されていたのか?

酸素吸入が開始され、襲って来る右胸の激痛に耐えながら、

胸部レントゲン・・・CT撮影を終えて、、、

医師の診断結果は、、、、

”右肺気胸”でした!!

”すぐに潰れた右肺に管を差し込んで吸引しましょう!”

・・・2週間の入院となります・・・

そのまま手術室?に搬送されて、右胸部を切開し管が押し込まれたのです。


吸引装置を取り付けて、生まれて初めて乗る、車いすで病棟へと移動しました。


そして、本日11日・・・・退院。

年末も年始も、病院のベットの上でした。。。。


スマホを持っていない私は、ブログ更新はおろか、ブログ閲覧も出来ないまま

本日となってしまいました。


日ごろから更新不精で不義理をしているのに

もはや、見放される・・・・愚ブログ”あの頃のステレオ”


ここへ来て、更なる言い訳ともいえる、緊急入院で、

年末年始の挨拶すらせず、、、不義理の上乗せとなり、申し訳けありませんでした。



 m(__)m   m(__)m  m(__)m




1月も11日となった本日、改めての新年挨拶を、、、、

“ハッピー 
ニュー イヤー!”

のはずなのに、

にゅーいんやーーー!

こんなことで、ブログ続けて良いのでしょうか?

どうか、お許しを、、、、m(__)m




オーディオ遊びは??

ヤフオクでこんな物

落札しました!!

*ヤフオクの画像より









関連記事

プロフィール

プリウス1

Author:プリウス1
お役に立てないステレオの思い出話ですが、コメント大歓迎です!!

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR