デンオン:DCD-755

世のサラリーマン親父の中には、

私のような”小遣い親父”が沢山いると思います。


しかも、”極少小遣い”だったら・・・・・

それに加え、”オーディオ遊びが大好き”だったら・・・・・



極少小遣いでも、希望が持てる”ジャンク”に期待して、

ハードオフへのお百度参りを欠かさないのではないでしょうか??





その獲物は、袋に入れてくれました。


ジャンクを捕獲する際に大切なことは

”それを使う事があるのか?”

よりも、

”買って損は無いか?”


それを瞬時に判断し、

躊躇せず、”レジへ持っていく”

事です。


迷ってその場を離れると、

隣のハンターに横取りされます。(笑




今回捕獲した獲物は、

デンオン(デノンと言うそうです)

CDプレーヤー:DCD-755

です。

大きなキズもなく、シャンパンゴールド
の美しいジャンクです。



”電源入るがトレー出てこない”

皆さんの修理記事から察するに

”ベルトの伸び?”が疑われ、

自分でも直せそうなので

躊躇せずにレジへ持ち込みました!





私の場合、ジャンク捕獲時に

”買って損は無いか?”以外の

判断材料に

”直らない時の流用方法”

はあるのか?

”最悪、廃棄となっても諦めが付くか”




今回は、流用方法は

見つからなかったのですが、

最悪、廃棄して諦めが付く価格だった

ので捕獲しました。

”度胸も大切”です!!(笑




結局、ベルトが滑っており、それを交換するのも面倒なので、

ラバークリーナーで掃除をして摩擦力を多少回復させて完了!


音が出て、、、、中々の出来!!

と、楽しんでおります。


すると、、、、リモコンが付いていないのに気がついて、、、

ヤフオクで探すと、、、、”1,100円”~出てました。


でも、本体(864円)より高いリモコンを買う気になりません。(笑





続いて、、、、、

昨日の朝、通院前に早めに家を出て、

ハードオフ開店時間に飛び込み作戦を決行しました!!


案の定、ハンター数名もいたのですが、

”ジャンクCDコーナー”へ向かったのは、私一人・・・・



作戦勝ち!!

新入荷と思われる、

目ぼしいCDを全部抑えこみ、、、、


遅れて来たハンターを横目で牽制!!(笑

運良く、集まっていた

ボーカル物がイッパイ!!


選び抜いた逸品達は・・・・・・・・!!



パティーページ

ドリスデイ

ペギーリー

そして、カーメンマクレエ




普段は、定番のエラ・サラ・カーメンと、レディ・デイ、リー ワイリー、

などが多いのですが、楽しみが増えました!!






更に!!女性ボーカルのオムニバス

男性からは、”フランク・シナトラ”


そして、大好きなシャンソンから

エディット・ピアフ

中々手に入らないですよね!!

そして、夏場の”けだるい午後専用”に、ボサノバ!!

ピアフとボサノバは、2枚組でした!!





で、ここで終わらず!!


圧巻だったのは!!





なんと!!

ジュリー・ロンドン

の”ABOUT THE  BLUES”も!!

”紙ジャケ”です!!

最後にジャンクレコードから
ホルスと”惑星”・・・

オーマンディとフェラデルフィアの組み合わせが好きなんです。



結局、ジャンクCD(レコード)を10枚・・・・・1,080円でした!!


CDプレーヤー(864円)とCDで、1,944円でした、、、、、


これを聴く楽しみは無限大!!

皆さんも楽しい”ジャンク・オーディオ・ライフ”を

お送りください!!



・・・・まともに新品や中古品が買える方はこの限りではありません

・・・・ジャンクには、”必ずリスクが存在”

・・・・時に、リスクが大きい時は、”手を出さない”ことも大切です・・・・





関連記事
スポンサーサイト



ツィゴイネルワイゼン

夕方、急にヴァイオリンが聴きたくなった、、、

それも、15Aホーンが奏でる再生音で、、、

でもそれは、叶わぬ願いであった、、、。







目を閉じると、そこにヴァイオリニストがいた。


弓がしなやかな波を描くと、

サラサーテの悠遠な旋律が部屋中に流れ、

やがて振動を止めた弦は、

かすかな息づかいを残して

最後の音を空間に溶け込ませた。


フデチェックは姿を隠し、

口をつぐんだオーディオ装置だけがそこにあった。


幻と言われる名器は、今たしかに現実音を奏でた。


それは、歳月の底から弾けた紛れも無い原音だった。


僕は、心の中で万雷の拍手を送った。






ウエスタンサウンドの伝来は、故)池田 圭先生の活躍によることが多い。

僕が学生の頃、年に数度は 郡山市を訪れていた池田先生は、

地元の”Wide Range  Club”の方々の徹夜で実験報告会を

開いていたそうです。

勿論、大師匠・師匠は 会合に参加されていました。




池田先生が、67歳の時に取材を

受けた際、記者が聴いた

池田スタジオでの再生音、、、

それを元に、前述の感想文を

書きました。(ほぼ真似)





”原音を


追いつづけきた


 幻の名器たち”



原音追求=Hi-Fi

もはや死語となった昨今・・・・・・。



学生時代に初めて聴いた”生のヴァイオリンの音”

あの感動を再生音に求めることに・・・絶望するのだろうか??




関連記事

世にも奇妙な物語り



沢山の皆様からの(ハゲ増しの)コメントで”ギックリ腰”を

乗り越えることが出来ました。

・・・今日一日は大人しく過ごします・・・

ほんとにありがとう御座いました。m(_ _)m





御礼を込めて、、、、

大好きな”ダイヤトーン:P610”のお話を・・・・・

書庫を増設して、初めて見ます。



しかし、P610については、皆様も沢山の思い出を持っていたり、

現在も愛用されていたり、初心者からベテランまで、超人気のユニットですね。

・・・私の記事なんて読まなくてもイイ!!・・・

なんて、言われないように頑張って見ます!!






それでは、第一回・・・・”世にも奇妙な物語り”







まずは、左の写真を御覧ください。


どこか奇妙なところはありませんか?


左のユニットの矢紙の一部が

剥がれています。


スポンジエッジは、崩れ落ちたので、



包装用のスポンジ(白色)で、


自作しました。


その他に、”奇妙なところ”は

無いでしょうか?

親父ギャグでは無いですよ!!(笑





それでは、次の写真を・・・・

先ほどと・・・・同じユニットの写真です。












お気づきでしょうか?

コーン紙に貼られた、

”Diatone”のロゴが書かれた、

金色のシールが・・・・・







実は、このシール・・・
P610Bから剥がしたもので、

今回、写真のユニットに
乗せて撮影しました。

シールを剥がされたP610は、
縁あって、とうやさんのお宅へ
嫁いでいった様です。






では、何故?・・・このユニットには、”Diatone”のシールが無いのか??


・・・・・衝撃の事実!!・・・・・世にも奇妙な!!・・・・・













実は、実話なのですが、

マグネットには、、、

”SONY”の文字が、、、、


そうです、、、




このユニット達は、

SONYへの”OEM供給品”なのです!

この事実は、ダイヤトーン関係者でも

知っている方は少ないと思われます。

私もこれをヤフオクで見つけた時は




衝撃を受けました!!

そして、その出品者は、、、

ツィーターも出品していたのですが、

そのツィーター、、、、

どこかで見た事がある、、、、



なんと!!

テクニクス:5HH17

の”OEM供給品”ではないですか!

出品者の話では、
ソニーの3Wayから外して
ウーハーは捨てたそうです。



そのことは、後になって、、、、

”スピーカーをたくさん”持ってる”スピーカーおたくさん”が、

ブログに発表されました!!


どこからか、写真を見つけて掲載されております。

流石は、日本有数のスピーカー研究家です!!










そして、今回、、、”P610物語り公開”記念に、、、

SONYへのOEM供給品である、P610(B)を

ダイヤトーン関係者の方へプレゼントして、その音質が

当時のP610(B)との違いがあるのか?

を、確認していただきました。



その方は、すでにP610DBを

楽しんでおられますが、

当時は、初期のP610の製造ラインで

生産にも携わった方です。


当時の音を思い出しながら



ユニットを入れ替えて

聴き比べて頂きました。

DS-251用のスーパーツィーターは

外して、フルレンジ1発としての

P610(B)の音質は、、、、。



やはり、、、

周波数レンジは狭いものの

その充実した中域と

バランスの取れた周波数レンジ

扱いやすい能率で

オリジナルP610(B)と同じだそうです。



これでまた一つ、

ダイヤトーンの古の名器が、

ふさわしい方の元で、

素晴らしい思い出の歌声を

披露し続けることでしょう!!


関連記事

ギックリ腰になりました、、、(T_T)

7日の日曜日の夕方でした。

くつろいだ胡座から立ち上がろうとした時、

”悪魔の一刺し”に襲われたのです。



会社の倉庫整理の疲れが抜けず、背中の張りが続いていました。

寒暖の中、不注意にも、久しぶりに襲われたギックリ腰、

昨日は、出勤したものの、腰が曲がって動く度に激痛が走り

午後半休を頂き、10年前に一度お世話になった整形外科へ、、、、、


骨には異常なく、「腰の肉離れだと思って下さい。」と

痛み止め飲み薬(ロキソニン)・座薬と2種類、

湿布もロキソニンが処方されました。


私はとって、ロキソニンは登場した当初から、”良く効く鎮痛剤”です。




そして、今朝、、、、、

目が覚めると、意外なほど痛みはなく、コルセットを付け

立ち上がったのです。

が、、、やはり、鈍痛が腰回りに響き、、、、

休暇を覚悟しました。


長年付き合う”腰痛”でもあります。

やはり、予兆を感じて、それなりの防御をしないと、

・・・・持病もまた、生きている証なのでしょうか・・・・













ここまで、多愛無い出来事にお付き合いいただいた皆様に、、、

御礼をこめて、”秘密情報”を・・・・・



レコードが見直されおります。

これから、レコードプレーヤーを探そうとしているが、

予算の少ない、、、、、あなたへ!!!




フルオートで便利、大きさも手頃、何より安い!!(はず)


・・・ビクター:JL-F35・・・

は、如何でしょうか?




恐らく、ハードオフで見つかれば、1000円程度!!

勿論、ベルトは交換の必要はあるでしょうけど!!




針圧1gでも確実にトレースしてくれます。


私は、学生時代より、愛用しております!!

・・・組み合わせるカートリッジは軽針圧が似合います。


大好きな、エンパイア:4000D/Ⅲと組み合わせて、

主にクラシックを楽しんでいます。


勿論その他のカートリッジも良いですよ!!




誰も見向きもしない、”システム・コンポ”用の安物プレーヤーですが、

使ってみて分かる、その利便性と高音質、ハウリングにも強めです!!


愚部屋のように、”ジャンクばっかりの部屋”には、

ぴったりです!!





最後に・・・・・

*ギックリ腰に注意して下さい。

  腰や背中の張りには、無理せず、、、予防療養も必要です。


そして、万が一、ギックリ腰になったら、、、

”安静が大切”です。


それから、”コメントが一番のお薬”になります!!
関連記事

ジャンクからの喜び

2つのジャンクが、皆さんのお役立ったのです。


友人の、”スピーカーを沢山” 持ってる ”スピーカーおたくさん”の

奥様の妹さんご夫婦が、お家で音楽を楽しめるように

システムを探しているそうでした。



私は、丁度タイミング良く、このジャンクをハードオフで捕獲!!



エッジはボロボロですが、

その他は、長年の汚れだけで、

傷もなく、サランネットも埃を

被っていましたが、

お手入れだけで蘇りそうです!



早速、エッジを取り寄せました。

今回は、ヤフオクで送料込みで

1700円とリーズナブルな価格

ちょっと心配でしたが、

届いたものを見ると、全く問題無い!



ユニットの裏に白い粉が

付いていますが、錆てはいません。

粉を拭き取り、少量のCRCを

塗りこみました。

まだまだ、十分使えます。



強靭なBOXですが、吸音材は、

薄手のスポンジが極少量だけ

BOXの響きを活かすタイプですね!


斜めに一枚浮かんでいるのは、

定在波防止でしょうね!

ネットワークも異常なしでした。




エッジを貼り終えた時点で、

次期オーナーの笑顔が
見えるようでした。

後は、とにかく”綺麗”にして・・

テープ糊跡は、ジッポオイルを

布に付けて擦ります。



くすんでいた木目シートを

超微粒子研磨剤で磨きました。

ちょっと磨いたら”鏡面”のように!

全面を磨くのに小一時間かかりました

それでも、心地良い疲れ、、



次期オーナーが使いやすいように

底面の四隅にコルクを貼りました。

底面も磨いたので、今後の傷防止と

お部屋にセットする際、底面まで

響きが良くなるかと!



ネットを外し隅々まで埃を落とし、

仕上げに艶出し剤で仕上げた

ツィーターです。

ピカピカは気持ちいいです!

次期オーナー喜んでくれるはず!



ウレタンエッジに張り替えたウーハー

クロスカーボンコーンは、

オンキョーの傑作の一つでした!

まるで新品のような輝きに

次期オーナーの笑顔が見えます!





そして試聴です!

やっぱり!!・・・でした!!

この手のスピーカーは、

意外と”ジャンルを選びません”

高音部に癖がありますが、




嫌味がなく、聞きやすです。

次期オーナーの使い方を想定して

クラシック音楽を中音量

(大きめだが、会話の邪魔に
           ならない音量)

で、聞き流してみましたが、






しっかりと音楽を主張しており

BGMサウンドではありません!

これなら”胸を貼って”

プレゼント出来そうです!






家庭で楽しむ音楽のシステムは、その用途によって、

求められる性能や音質、、、、そしてデザインも様々ですね!

今回のご夫婦には、ピッタリではないでしょうか??!!




・・・・・と、ここで、思い出しました。。。。



スピーカーおたくさんは、マルチプレーヤー【DVD/CD】とスピーカーと

プリメインアンプの3点セットをプレゼントしたいとのことでした・・・・


そして、”タイミング良く”・・・プリメインアンプの廃棄予定品を

ある方から頂いたのです。




何年も電源すら入れていなかった

そうですので、内部点検から・・


ど真ん中の黒い板の下には、

トロイダルトランスが・・・

小型アンプながら本格的な電源、、、

パネルに傷も無く、

音も出たのですが、、、、

パイロットランプが点きませんでした。




ジャンク部品箱を漁るも

手持ちのパイロットランプが

品切れでした。

代わりに見つけた、LEDと小型の

全波整流回路基板を改造して、



LED点灯に変更しました。

パネルやツマミを外して、

マジックリンで汚れを落とし、

最後に艶出し剤で磨き上げると

これまた!!新品のような輝き!!



シンプルで使いやすく、

そのデザインも含めて、

飽きのこないアンプです!!







これでしたら、次期オーナーも

きっと、喜んでくれると

確信いたしました!!






こうして、スピーカーとプリメインアンプをスピーカーおたくさんへ渡し、

マルチプレーヤーとともに、奥様の妹さんご夫婦のもとへ嫁いで行きました!!


ご夫婦のお喜びはもとより、スピーカーおたくさん、そして奥様も、

大変お喜びでした!!


捨てられそうな機器達が、ちょっとした手間で蘇り、

再び命を吹き込まれた機器たちは、本当の天命がくるまで、

またまた私達を喜ばせてくれるのです。。。。


皆さんは、ジャンク遊びに”喜びを感じますか?”


今回大活躍したジャンクは、

スピーカー・・・・オンキョー:D200Ⅱ・・・・540円

アンプ・・・・・・・パイオニア:A2030・・・・無料

どちらも、思い出に残る素晴らしいジャンクです。(笑
関連記事

プロフィール

プリウス1

Author:プリウス1
お役に立てないステレオの思い出話ですが、コメント大歓迎です!!

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR