御礼、、、もしかしたら、、。

御来訪の皆様方

あっと言う間の1年間、、、大変お世話になりまいした。。

いつもコメントを頂き、勇気づけられて、、本年1年間続けられた、愚ブログ、、、

ですが、、、

毎回投稿後に感じる、、、「お役に立てない・・・・良いのかこれで?・・・・」

でも、人それぞれ持って生まれた素質、、、、

皆様の寛大なお心使いで今日まで続けております。。。。

・・・本当に、”ありがとう御座います”・・・m(_ _)m


そして、年の瀬、、、、本年も残すところ、、、明日(31日)のみとなりました。

もしかしたら・・・・・・・・・・これが本年最後の記事投稿かも、、、、。



久しぶりに師匠宅へお邪魔して、、
「これ持ってく??」
手渡されたのは、
”手作りの3Dチャンデバ」でした。。

30年も前、”3D方式の黎明期”
先駆者である、池田 圭さんの
要望を受けて、専用の3Dチャンデバ
を設計・制作されたのは、
”Wide Range クラブ”の阿久津さん

でした。

そして、その作品の制作記事は、
78年5月号の”ラジオ技術誌”へ
掲載され、多くの”3Dファン”への
希望のデバイダーとなったのです。

今回頂いたのは、”師匠の古くからの友人のH川さんが記事をべースに自作された物なのです。


当時からその存在は、
存じておりましたが、
”名人が設計して、名人が制作”した、
”名品”ですので、、、
学生の分際で、入手できるはずもなく

”ラックスKIT:A803”で我慢していたのですが、、、
時空を超えて、、、やっと手に取る事が
出来ました。

とは言え、残念ながら、”不調”でした、
秘蔵の”テクトロニクス”の
”ストレージ・オシロ”を使って、
修理・・・と言っても”リレー洗浄”で
完了しましたが。。。(笑

ストレージ・オシロは、トリガーを設定し波形を瞬時に停止出来るので、
通常のオシロとは比べ物にならない
利便性があります。。


こうして、30年以上前の、
”憧れの3Dチャンデバ”を手に入れることが出来ました。。

ひとえに”師匠の人格の素晴らしさ”に
改めて感謝しております。

この”3Dチャンデバ”の良さは、、
”3D方式を知っている人”が、
設計していることろです。


何せ、実験のために”至れり付くせり”

の微調整が可能で、


その上、その作りは”名人”の技が、

そこら中に!!


今まで出来なかった、25Hz以下、

ー24dBカットも出来ます!!


その他、サブソニック・フィルターが、

15Hz・20Hz・25Hzから選べます。

使うのは”1ポイント”ながら、



3D方式は、その使用する条件に
よっては、様々なポジションでの
実験視聴から、
最適ポジションを選び出す必要が
あります!!






中央部にセットし直した、アルテック:902-8HF、、、

YLホーン(中音)を妨げることなく、・・・でも、少々出過ぎ・・・




そして、、、初めて人様にお教えする、、、、、


”カットオフの秘密”

サブ・ウーハーのハイカットは、、

20~30Hz以上を、

ー18又は-24dB/Oct

でカットするのが良いようで、、、


それに加え、、、メイン・スピーカーの”ローカット”は、、

80~120Hz以下を、、、-6又はー12dB/Octでカットすることが望ましいようです。


現代の、コンパクト 一体型サブ・ウーハーでは、メイン・スピーカーのローカットは、

考慮されていません。


しかし、、、メイン・スピーカーの低音をカットすることにより、その振幅が制限され、

ピストンモーションが不要となり、分割振動による中音の歯切れが向上するのです。


・・・つまり、、、サブ・ウーハーの追加により、、”中高音が改善”されます。


これは、実験して、初めて気がつく、、、”驚き”、、、。





その他、、、”何故?・・・ウーハーは一つで良いのか?”・・・などなど、、、

3D方式は、、、、、奥深く、、、、紙面では語れない、、、多くの秘訣も

あるようです。。。。。



と言うより、、、難しいし、、、音楽の楽しみが薄れる苦悩も出ますので、、

・・この辺が潮時ですね・・・・・。







関連記事
スポンサーサイト



第三章・・・サブ・ウーハー

失って、初めて気がつく大切なもの。。



長年付き合ってくれた、”6CA7パラPP”モノナル・アンプ


学生時代に友人が、”放送局の払い下げ品”を整備して持ってきてくれたのです。

当時トランジスタ・アンプ
・・(ラックス:A501)・・
で、サブウーハーをドライブしていた時
・・ダンピングファクターが合わず、

”ハウリング”を止める事が出来ずに、
悩んでいました。


アンプ~サブウーハー間には、

マッチングトランス
・・(タンゴFU-60-16)・・
を入れてインピーダンスコントロールを
実験しましたが、
その後ろに大型コイルを入れても、
トランジスタアンプを使っている限り、
”ハウリング”との戦いは続き、
一ヶ月ほどした頃、友人に相談
「真空管のPPアンプが欲しい」

すると、その友人は終日後に、上述の”6CA7パラPP”を持って、
愚宅へ来てくれたのです。

早速、接続して、実験・・・・・・・

”ハウリングは小さくなり”・・より深い超低音の再生が可能となりました。


アウトプット・トランスによる、不要な”超超低音”(20Hz以下)がカットされた効果も
大きいと思われます。


そして、オーディオ休止~再開した時に、残念なことに”6CA7パラPP"からノイズが、

サブウーハーである、アルテック:411-8Aのウレタンエッジを修復したのに、
アンプはトランジスタ型を使用せざるを得ず、、”悪夢のハウリング”が、、、、。


幸い、ジャズを聞く上では、サブウーハー無しでも十分満足出来たのは、

ウーハーをオンキョー:3801から、モーショングラフ”18に交換出来たからでした。


でも、いくら”18インチ・ウーハー”と言えど、平面バッフルの低音は、

歯切れの良さと交換に、重低音は望めません。

まして、サブ・ウーハーが受け持つのは、30Hz以下が中心です。




そんな時、、、、知り合いの方から相談を受けました。。。


2枚目の写真に写っている大型コイルが欲しいとのこと、でした。

でも、それを外すと”ハウリング”が、
大きくなってしまうのです。

事情を知った知り合いの方は、
以前、ご自分で使っていた、
サブ・ウーハー用のフィルターと
交換しようとのこと。。。



さらに、”6CA7パラPP"の不調を知り、
追加で、左のアンプを持ってきて
下さったのです。。

”6CA7PP2”

これで、サブ・ウーハーの完全復活!
が可能となりました!!




チャンネル・デバイダーの設置場所を見直し、配線も変えて、アンプを設置

先日の訪問者を迎える際には、
サブ・ウーハーも楽しんで頂くことが
出来たのです。

これによって、フル・オーケストラも
聴けるようになりました。



ところで、、、、どうして、サブ・ウーハーに拘るのでしょうか??

・・今でこそ、A/Vシステムで、小型スピーカーの低音補強に”2.1ch”方式と
呼ばれ、極普通にサブ・ウーハーを見かけます。。。



でも、学生時代は、池田 圭さんを中止に、”Wide Range クラブ”の方々ぐらいしか、
その実験をしていませんでした。

そして、”その実験”が凄まじいのです。


左のグラフ、、
”フレッチャー マンソン・カーブ”
と呼ばれています。

人間の聴力は、小さな音ほど、
”低音と高音が聞き取り難い”

つまり、フルオーケストラで、
フォルテシモ(120dB)に、
鳴り響く大太鼓(超低音)を、

自宅のシステム(90dB程度)で、再生する際は、100Hz以下を20Hzをピークに、
10dBもブーストする必要があるのです。

・・・(現在ご使用のスピーカーをグライコなどでブーストすることは危険です)・・・・絶対にやらないで下さい!!

それによって、レコード再生時には、”ハウリングの餌食”となります。
・・その撃退方法は、合わせ技の連続(闘い)となります。・・

CDが現れて、、”ハウリング”と言う言葉自体聞かなくなりましたが、、、、。


周波数特性は、”フラットが1番”と言う考え方で、楽しんでいた学生時代に、
”フレッチャーマンソン・カーブ”を描く周波数特性のシステム(サブウーハー付き)を聴いた途端!!

「コンサート・ホールで聴く大太鼓が再生できるとは!!」

その後、サブウーハーの魅力とハウリングとの闘いにハマったのは言うまでも
ありません。


とは言っても、”サブ・ウーハーを楽しむノウハウ”を知るまでには、
数年かかりました。


”サブ・ウーハー”と聞いただけで、毛嫌いする方も多いのですが、、、

単純に追加して、サブウーハーのヴォリュームを上げても、

”音全体が騒々しくぼやける”だけなのです。。。



これを解消する、ノウハウも奥深く、、、

”盤塵集”と”Wide Range”を志す先輩諸氏の実験成果が唯一の頼りなのです。。



そんなこんなと、、、学生時代の続きに悩んでいると、、、

何故か?・・またしても”師匠から救援物資が!”









関連記事

第三章・・・訪問者

メインシステムに返り咲いた、3rdシステムは、、、、

ツィーター選びに悩み、、、”秘密兵器”を持ちだしました。


しかしそれは、、

以前紹介したことを思い出して、、

秘密兵器とは、言えなかった。。(笑

”ALTEC:MR902-8HF”

3000Hを持っていないので、
これに頼るしか手段が無い、、。(涙









そして、一段落かと思っていたら、、
愚宅訪問の依頼が入った、
初めての出来事である。。

老体システム故に、「音が出ない」と
”おとこわり”しようかと、、、
(おことわり)

丁度”無料キャンペーン中”(なにが?
なので、快く引き受けた。



部屋をもう一度見渡して、

リクライニングが壊れた椅子は、

撤去し、、、もっと壊れた古い椅子へ、


とりあえず、リスニング・ポイントである

オードリーも、一緒に聴いている!!




訪問者はお二人なので、

サイドに、折りたたみ椅子を準備、

こうして、今までには考えなれない、

空間を確保した。


・・・その代わり、物置は、満員である。




肝心の自分の居場所には、、

壊れた”丸椅子”の脚部分を再利用

座面には、ラワンの廃材を使った、

簡素な椅子を準備出来た。。。


つまり、”人間が3人”入れる部屋

変貌を遂げた!!





訪問者の一人は、”ジャズが初めて”

早速、スーパー・ジャズ・トリオで、

目の前に炸裂する、ドラムを

官能していただいた!!


”ジャズが好き”になったとのこと!!


「ジャ、ズー・・・と聴きましょうね!」




クラシックも聴いて頂いた、、

”オルガン交響曲”(テラーク)。。。

パイプオルガンの最低音を

聴いて、体感して頂いた!!

16Hzは、聞こえない、、、

でも、部屋中の共振音で地震と

勘違いしておられた。




その他もろもろ、2時間ほど、

聴きまくられておられましたが、

質問を含む、疑問ヘの回答と、、、

レコード交換で、、非常に忙しかった。

音質への質問は一切無かった、、、

”きっと、下らない音”には、感想も

出なかったのでしょうね。。。






学生時代は、しょっちゅう友人が

遊びに来ていましたが、、、、

帰りの際は、ほとんど無言で

帰られました。。。。


・・以来、人様に愚宅システムを聴いて頂くことを一切しなかった。。


今回は、、、お二人が帰ったあとに、上の写真の”ウヰスキー”が置いてありました。

・・・いわゆる、”置き土産”?・・・・・意味が違うか???





でも、お二人から感謝の気持ちは”十分伝わって来ました”






・・・お二人に、、、”拍手”(白州)を頂きました!!(幸





PS
縦撮影の写真が横に向きに貼り付いてしまいます。。
・・どうやって直すのでしょうか??・・・・・(涙
関連記事

第三章・・・ボヤき。

激動の一週間だった、、、ような、気がします。。。

忙しい訳でも無く、、、、際立って、成果があった訳でもなく、、、。

ただひたすら、目立たぬように流れに任せ、、

・・・これがまた、、、、我慢の連続だったり。

明日への楽しみも、思い浮かばず、、、


”買いたい病””解体病”・・・・・どちらも、”完治”

”H/O型ウイルス””Y/O型ウイルス”・・・・・どちらも、”撃退”

・・・気力が失せると、、、、、簡単に治ってしまいました。




そんな中で、やって置かなければいけないこと!!

・・・愚部屋の片づけ!・・・(笑

皆様のように、”毎日キレイにお片付け”出来ればいいのですが、、、



それと!・・・・・メインシステムに返り咲いた、”3rdシステム”遊び!

今回は、ツィーターの変更です。




今まで使っている、テクニクス:8HH17Gに少々、力不足を感じたのです。

それは、ウーハーを、オンキョー:3801からモーショングラフ”18へ変更した時に

全体的な音像バランスが、低音よりのピラミッド型となってしまったからなのです


それに加え、最近は、サブ・ウーハーを使用していないので、

ワイドレンジを望まない曲(録音)のジャズを聴いていると、、

シンバルやハイハットのエネルギーを上げたい欲望が、、、。


丁度、スピーカーをたくさん持ってる、

スピーカーおたくさんからお借りした、

マグナボックスのツィーターがあったので、

試しにつないでみました。

・・これは、ジェンセンのP-103にそっくりです。

OEM供給品か??


音質的にも、”12フルレンジなどと


組み合わせるためか・・・非常に穏やかながら

メリハリある高音です。


繊細な音楽の変動にも追従するので

使って見る価値はありますが、、

如何せん、、、

8HH17Gを大きくした感じです。

超高音は出ません。。



次にお借りしている、アイデン:AT7000

アイデン閉鎖後もコイズミ無線の

オリジナルで売り続けられていたと言う

名機だそうです。

”AIDEN”と聞いただけで期待してしまいます。


見た目の砲弾型は”075”の真似か?(笑



これは、強烈です!!

シンバルやハイハットが飛び出してきます!!

最高音の伸びも”文句なし!”


しかし、、、何曲も聴いていると、、、

個性的で作られた高音であることに気がついて

結局、ジャズオンリーなら、いい感じなのですが

・・・・常用には、難しいところです。。。




次に、YL音響:1800G

以前使った時には、ストレートで立ち上がりが

良すぎるためか、中音ホーンやウーハーとの

音質に違和感を感じて、仕舞いこんでいました。


今回、ウーハーの変更により、強烈な立ち上が

り特性となった低音部を考えると、

これが最有力候補です。



ところが、、、

長年放置の影響か??

あれほどの存在感が消え失せ、、、

普通のツィーターになっておりました。。

恐らく、”減磁”しているのでは??

そんな音質です、張り無く、伸び無く、、

残念ですが、、、引退です・・・。



こうして、ツィーター探しも、失敗に終わり、、、、益々、気力が失せる結果となって、、

全く冴えないです。。。


と!!・・・・・まだあった!!・・・・・秘密兵器!!・・・・何処に仕舞ったか??(笑

・・・そのうち、出てきたら、実験の続きを。。。


さて、、、、どんなツィーターが似合うのか?

分からなくなって、、、つい、ボヤいてみました。。。

”ツィッター”に向かって”つい言った”、、”ツィーター”、って、何が良いのか??(笑


関連記事

第三章、、、花咲く、、。

呑んで来た、、、2次会も、、、今月末で、定年の方2名の激励会、、、、。

乾杯のビール以降、、、相変わらず、ウヰスキーを、、2次会もウヰスキー・オンリー




いつもと違うのは、その飲み干した量を覚えていないと言う事です。。。。

まるで、日頃の鬱憤を晴らすかのように、、、、、、。


駆け引き無く、、、お付き合い出来る、、、画面の反対側の皆さんとなrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr、、

・・・気使いもいらないのかも知れませんが・・・・・。


私にとって、”コメントは、大切な絆”なのです。。。。m(__)m



さて、、、、第二章が終焉して、始まった”第三章”、、、、花咲きました。




裏の畑で、”ポチ”が鳴いています!

「ここ掘れ、ワンワン!!」
「ここ掘れ、ワンワン!!」


すると、”小判がザクザク”と

出て来たのです!!



それを見ていた、隣の”意地悪じいさん”

ポチを捕まえて、自分も大金持ちに

なろう!・・と連れ帰ろうとしたのです!!

その時、”ポチが吠えました!”


「離さんか!じいさん!!」

「花さんか、じいさん!!」


これが、本当の”花さかじいさん”の話です!


笑)笑)
笑)笑)笑)笑)笑)笑)笑)笑)笑)笑)


・・・・、、、言っている自分が恥ずかしい、、。



恐らく・・・・・泥酔状態のなせる技かも知れませンンンンンンンンンンンンンンんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんn。。。



恥ずかしいのです、、皆さんから見放されてコメントが激減しているのです。。(涙



だいたい、、、深夜に記事投稿しても、読んで頂けるはずがありませんね。。。







本題を忘れるところでした!!

3rdシステムから、”メイン・システム”へと返り咲いたのですが、、

・・・・・二十数年前の知り合いの方から戴いた、”プリアンプ”へ交換しました!!


ビクター:MCP-105

ご記憶の方は、いないと思います。

60年代末期発売のグライコ搭載機

戴いた時から”ノイズが激しく”数年前

修理したのですが、、、


どうしても、取れ無かった”ハムノイズ”

先日、一流リペアマンへお願いして、修理

して頂きました!!(幸




このプリアンプは、同じビクター製、”PST-1000”の流れを組み、、

”非常にクッキリした音質”で、大型ホーンとの組み合わせに最適なのです!!


・・・こうして始まった”第三章”・・・・・花が咲き、、、、始めたかな??(笑

それでは!皆さん!!・・・良い夢を!!


おやすみなssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss
















関連記事

第二章、、、終焉

こうして、加速度的に”ジャンク遊び”へと方向が変って、、、

皆さんの前にいる、、、、”プリウス”となっていったのです。。。。。


しかし、、、、、、

ジャンクが増え過ぎて”(元新潟のUさん提案)これ以上続ける事は困難か?


”オーディオもここが潮時と感じ、持っている機器を全てロバートさんに、

0円で譲る事を決意した。”
(ロバートさん提案)



のだが、、、、どいの父ちゃんなら”5円”で譲って!”どいの父ちゃん提案)と、

言ってくれるかも知れないし、、、、、。




いずれの方へ送るにしても、

”梱包手数料で300万円となります”(プリウス提案)

言った途端に!!





”うっ!・・・・詐欺?”

”う・・・・さぎ”

”うさぎ”


特別無料出演)
ば~そ~さん宅の”マロンちゃん”



それでは、”犯罪者”になりかねないので、、、


結局御近所の方々に引き取って頂いた、ジャンク軍団なのです。。

そのお話が、”沢山お話したかった”の記事となります。


http://blogs.yahoo.co.jp/puriusu18/12305463.html



こうして、久しぶりに見えた、長年の付き合いの、”3rdシステム”

学生時代は、このシステムが、”メイン・システム”でした。。。



数か月ぶりに、”灯を入れた”のですが

その聴き慣れた音は、

どんなジャンクより、

耳に馴染みます。。。



それは、ジャンルに捉われる事無く、

好きな音楽を好きな時に、時間のある限り

飽きもせず聴き入るには、

十分なシステムです。。



でも、聴きこむうちに、、

段々、やって見たい事が、、、

これは、学生時代からの

悪い癖なのです。。。


ですので、、、、今までは、、、、

”3カ月に1日”

しか聴かないでいました。。。






仕舞った!!


一週間続けて聴いて仕舞った!!







オーディオ再開後、、、ずっと楽しんでいた”ジャンク漁り”ですが、、

ヤフオク・・・・ハードオフ・・・・・・我慢しなくては、、、、。


こうして、”第二章、、、終焉”の時を迎えたのです。。。。







関連記事

第二章、、、再開

就職~赴任、、、、、”オーディオ休止”を決意!!

「40歳になったら、再開するんだ!」・・・・と決意するのでした!!

・・・・第一章の終焉でした。。。




そして、結婚~子育てを経て、、、、、・・・・・・15年ほど、、、

39歳の時、念願のマイホームを建てる計画がスタートしたのです、、、。


当初、オーディオルームは資金を安くするために諦めておりました。


しかし、家内は結婚前に”オーディオルームを建てよう”と350万円まで

貯金をしてしていたのを知っており、、、

その貯金が結婚式や結婚当初の薄給時代に、

食いつぶして仕舞ったことも覚えていました。


そして、、

・・・・「この機会を逃したら、後から建てる事は出来ないのだから・・・・」

と、オーディオルームを家の設計図へ画き入れるよう

後押ししてくれたのです。


ところが、完成間近に、母の他界、、、自分の腰痛の悪化、、、長期休養、

心身とも、厄年を迎えたかのようでした。。。。


挙句の果てに、マイホーム購入代金の一部を、

信じて渡した、、、、営業マンの使い込み発覚、、、

詐欺では無いか?!と、メーカーへ訴え、裁判寸前で、、、謝罪和解、、、。

決着がつくまで、2ヵ月ほど、入居引き渡しを拒否しておりました。



そして、やっと、”引き渡し確認”日・・・・

オーディオルームの床のコンクリート部分の寸法ミス発見、、、

「すぐに直します」

「新築の床をひっくり返したく無い・・・・」

「それでは、いつでも直します。。。」

そのまま入居するも、オーデイオ再開の気力が出ませんでした。


それから、5年・・・・・

ある時、実家へ置いていた、”Aiden:Veda-5a”を知り合いのお宅へ

貸出したのです。。。。

20数年ぶりに聴く、、、アイデン、、、、あの頃の音、、、そのままでした。


住宅メーカーへ行って、、、、”床のコンクリート修理”を言うと、、、

5年も前の約束が、、責任者が変っても、引き継がれており、、

あっと言う間に工事完了。。。


実家に仕舞って置いた、学生時代のオーディオシステムを

運び込みました。。。


”オーデイオ再開”・・・・・(計画の5年遅れ)

しかし・・・・

学生時代と違って、、、オーディオは衰退しており、、、

オーディオ・マニアは、”絶滅危惧種”。


やっと、覚えた、インターネットで、初めての検索が、”ロクハン”

yayoishibainuさんの「6+1/2(ロクハン)」に出会って、、、

”ブログ”が、画面を通して沢山の仲間を紹介してくれました。。


その他、、
・・・・モダンジャズに出会う・・・・

・・・・ハード・オフ(リサイクルショップ)でジャンクを知る・・・・

・・・・ヤフー・オークションで、レコードが買える・・・・

・・・・喫茶店通い、、、再開・・・・



こうして、加速度的に”ジャンク遊び”へと方向が変って、、、

皆さんの前にいる、、、、”プリウス”となっていったのです。。。。。


しかし、、、、、、











関連記事

第一章、、、怪奇

自分のオーディオ履歴を振り返って見ると、

学生時代~就職・・・・・・・・第一章

数年前の再開~現在・・・・・・・・第二章

と、クッキリと分ける事が出来ます。




今日は、学生時代の第一章を、”怪奇”して見たいと思います。




それは、中学2年生の夏休みだったと記憶しております。

友人宅からの帰り道、、、、夜も更けて、”月夜の晩”の出来事でした。

途中、通りかかった、、橋のたもと、、、、”柳の下”に、、、“突如出ました”




お岩さん、、、、

ジャイアンツの大ファン!!

王ーいいわ!・・・王ーいいわ!」

と鳴きました。。。。





”突如出ました”
・・・・・”フランケン”


”今夜の天気は、如何かな?”

フラーンケン、フラーンケン」(知らんけん)

と鳴きました。。。






突如出ました、、、、、”ヘビ女”

お芋食べ過ぎ”下痢”をした!!

へ~び~、、、へ~び~、、、」

と鳴きました。。。。





突如出ました、、、、”吸血鬼”

満員電車に乗ったとさ!

きゅーけつ、、、きゅーけつ、、」(きゅうくつ)

と鳴きました。。。。






突如出ました、、、、”狼男”

トイレへ行くから、、、紙をくれ!!

おーー紙、、、おーーー紙、、」

と鳴きました。。。







突如出ました、、、”コオモリ男”

しゃがみ込んだと思ったら、、、

こーん盛り、、、こーん盛り、、、」

とク○をした。。。






突如出ました、、、”ミイラ男”

後ろを振り向き驚いた!!

バ~ック、、、ミイラ、、、バ~ック、、、ミイラ」(バックミラー)

と鳴きました。。。





突如出ました、、、”バルタン星人”

マージャン、ちょんぼが見つかって、、

ばれたん?・・ばれたん?

と鳴きました。。。

まだありますよ!!

突如出ました、、、”エクソシスト”

肥えだめかついで、売りました。。。

え~ク○、、、、え~~○ソ、、

と鳴きました。。。



突如出した、、、”悪魔”

熊さんに出会いました。。。

「あっ!・・熊、、、あっ!・・・熊、、」

と鳴きました。。。


突如出ました、、、、”コンドル”

電車に乗ったら人だらけ、、、

こんどる、、、コンドル、、」(混んどる)

と鳴きました。。。


突如出ました、、、”うさぎ”

時計を買ったら、動かない!!

うっ、、、詐欺、、、、うっ、、、詐欺?」

と鳴きました。。。



突如出ました、、、”みみず”

砂漠に行ったら水が無い!!

み・・水、、、み・・水

と鳴きました。。。



突如出ました、、、”あひる”

お腹が空いたと時計を見たら!!

あっ!・・昼、、、あっ!・・昼

と鳴きました。。。



最後に、、、、”うずら”

風が吹いたら、、”髪が無い!”

うっ!・・ヅラ?、、、うっ!・・ヅラ?

と鳴きました。。。

(私はヅラではありません、、、、自毛です!!)




何だか、”変な話”になっております??????


あれっ?!!

漢字変換を間違えました!!

”怪奇”  →  ”回帰”

でした!!


ちなみに、学生時代に流行った、、歌でした。

”ムーンナイト・セレナーデ”と言う歌で、、


今は、、”笑ってこらえて”の司会者で有名な、、

”しょ・ジョージ”さんの歌なのです!!


”狸ばやし”で有名な、、お寺ですね!!!





・・・・あっ!・・今度は漢字を読み間違った!!・・・・




”しょ” → ”ところ”(所)ジョージさんでした!!




今度は、落ち着いて、、、、

”第一章・・・・回帰”して見たいと思います。。。

それは、中学2年生の冬休みだったと記憶しております。。


6畳+4畳半の2部屋に風呂無し
長屋に4人暮らしから、両親の努力
で、マイ・ホームが実現!!

そして、応接間へと導入された
システムコンポ!!
”テクニクス:V55”が
出発点でした!!


その後は、アルバイト代をつぎ込み

グレード・アップ!!

大学1年のGWに、待望の
バックロードホーンを自作!!

(ここで止めれば良かったのに・・)



と同時に出会った、、、

”ウエスターン・サウンド”に

度肝を抜かれ、、、

現在も使っている、

”YLリエントラントホーン”システムへ

でも、初めて聴いた、”WE15Aホーン”システムの前に、、、、

ほぼ”諦めの境地”・・・・「こんな音が出せるわけが無い・・・」

そして、就職~赴任、、、、、”オーディオ休止”を決意!!

「40歳になったら、再開するんだ!」・・・・と決意するのでした!!





関連記事

プロフィール

プリウス1

Author:プリウス1
お役に立てないステレオの思い出話ですが、コメント大歓迎です!!

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR