糸口・・・・か?

過ごしやすい日でした。・・・・風も無く。。。。差ほど寒さも感じず。


まだまだ、続く”部屋の整理”・・・・・・・既に”中型スピーカー”は、6セットも追い出されています。。。。

・・・・寂しさをこらえつつ、、、、、今日は”アンプ類”・・・・・・追い出しました。


もっと、追い出さないといけなのですが、、、、

・・・今日のところは、、、。

3rdシステムの18インチウーハーを駆動していた、
”Lo-D:HMA-3750”(下段・真ん中)

・・これも、外しました。

どうも、繊細さはあるが”励磁型”をイメージする”
”過渡特性””ダイナミック・レンジ”が不足している
感じがして、、、

アンプとの相性か?”と疑い、、午後から
”BTLアンプ”を試そうとしました。

そして、”アンプ類”の片づけを終え、、、

・・・・師匠宅へ”18インチウーハー”設置完了の
報告へ向かったのです。




80cm×80cmほどの”平面バッフル”を、鉄骨アングルに取り付け、、、例の”支持方法”にしたこと、、、。

超低音カット前に、スルーで音だしエージングしていること、、、、などなど。

すると、師匠からは、こんなアドバイスが、、、

「ウーハーに”空気制動”をかけないとダメだ、、、エッジは柔らかすぎないか??・・・・硬くした方が良さそう

・・・・・大入力の時に”ボイスコイルが外れる”かもしれない」

ショートボイスコイルを採用する”WE系ウーハー”には、ありがち見たいです。

相変わらず、、「くるっと、まるっと、お見通し」・・・・・・です。



帰宅して、早速”アンプをBTL”へ、、、、、

と言っても”ビクター:MCA-V9”・・・4chプリメインのメイン部を流用したのですが、、、、、


そして、”リー・モーガン:ランプローラー”を!!

一曲目の”ザ・ランプローラー”が始まると同時!

数秒でしょうか??

わざと”低音部の薄い録音”を選んだはずですが

グンッ!・・と、前へ出た”ウーハー”に驚き、

慌ててヴォリュームを下げました。

「何か間違ったか?」、、、、

ジャズ向きとして、300Hz付近を3dBほど、ブーストしたグライコをフラットにもどし、ヴォリュームアップ。

間違いでは無い!!・・・過渡特性の向上により”ダイナミックレンジ”も広がっていました。

加えて、、、平面バッフルの唸り??・・・・量感がアップ・・”し過ぎ”です。・・・・これは頂けません、、、。

”BTL結線により、電圧レベル6dB・・・音圧レベルでは3dB・・・・つまり”2倍”になった出力、、、、

・・・・それだけでも無さそうです。

しかも”中音ホーン”である、YL:D5500+リエントラントホーン・・・”高音ホーン”のテクニクス:8HH17G

・・・ともに、引っ込み、、、、、過渡特性・ダイナミックレンジともに、、、、、押され気味、、、、

・・全体のバランスが、大きく崩れています。・・・・・・ウーハーに合わせないと!!



それにしても、”制動力が足りなくて。。。”

時折り”暴力的”な低音まで、、、、。

師匠は”空気制動”と言っていた事を思い出しました。

何故なら、”電気的に周波数カット”をしたところ、

全く頼り無い低音になってしまうのです。

勿論、”グライコ調整も同じ”でした。


さて、”空気制動””エッジを硬く”・・・

どうしましょうか、、、。


またまた、取り出したのは”盤塵集”・・・・・・

気になる事が書いてあったのも思い出しました。


”平面バッフル”項目からの抜粋、、、引用です。

「最も解放的な音の出るのは無限大バッフルであろう

壁バッフルなどもそうで、この方式ではスピーカーの

コーンにほとんど”空気制動”がかからないと考えて

良いと思う。  そのことが今日の大なり小なり空気制動

をかけるスピーカー・システムと違った音味を持つ素の

一つになるらしい。  

普通のスピーカーを平面バッフルにつけて鳴らすと

低音はぬけて聞えるが、中高音はとかく乱れが気味に

なり、びりつきに似た音を出す傾向にある。

こういう場合には、多少なりともコーンに空気制動を

かけてやる必要も起こってくる。」

「昔のスピーカーにのフレームには、丸孔をあけてその孔にフェルト等を張ったものがある」・・写真左

その他、”バッフルの工夫”により”空気制動をかける方法が!!!・・・・バッフル開口は”有効直径大”にする!

・・・755Aも空気制動が必要のよう・・・前付けの際の”ザグリ”・・・・

・・・師匠宅で聴いた”WE:755A”が、ホーン並みの制動が効いていたのは、この方法を使っていたのか!!

今回もこれらを流用しないと、、、、

・・・・・師匠は、私の作った平面バッフルでの欠点を察して、”対策”を教えてくれたのですね。・・・・

・・・・全く、頭が上がりません、、、。




そして、新たに”問題浮上”、、、。

完成直後からの問題なのですが、、、、。

サブ・ウーハーの”BOX",,,,,


ラワン合板24mmで作った400リットル箱、、、、

完成直後から、”奇妙な響き”が気になって

外側から、”プロテクター”のように”角材”を打ち付け

コントロールしようとしたのですが、、、、、まさに”屁のツッパリ(棒)”・・・・歯が立たない。。。。

そして、加水分解した、”ウレタン・エッジ”を2年ほど前に交換、、、、、これが”大失敗”、、、、

とある、ショップから、”411-8A”ようとして、購入したのですが、、、、

”硬い・硬い”・・・写真で光る”ウレタン・エッジ”・・・・・何と言うことでしょう!!、、、耐久性向上??

・・・・コーティング処理”してあったのです。・・・・・・これでは硬くて” F0 ”が完全に上がってしまいます。

案の定・・・・・ダクトから放出される、チューニング周波数である、”20Hz”は完全に姿を消しています。

・・・上がった ” F0 ”のためか???・・・・箱の奇妙な響きが目立ってしまいました。

・・・今日は、18インチウーハーに合わせようと、、調整していて、”改めて大きな問題”となって。。

・・・今更、400リットルものBOXを作り直す気は無いのですが、、、、、。(お金も無い)



せめて、”高音ホーン”だけでも、

”過渡特性”を合わせようと、

以前は”早すぎ??”と感じた、、、

YL : D-1800 を取り出しました。


ところが、大誤算???

以前の様な”切れ味”が全く無くなって

いました。

何故でしょう???

マグネットの減磁???・・・・でしょうか??・・・・・音圧レベルも随分低く感じます。

試しに、”ショート・ホーン”を外したのですが、”鋭さは”若干向上するも、、、、”延び”がありません。

訳のわからないまま、、、、、、お蔵入りしました。

・・・本当は、1カ月ぐらい、使って見ないといけないのかも知れません。・・・・・20年も眠っていたのですから。


あれやこれや、、、、と長々と書いてしまいました。

・・・・ここまで、読んで頂きありがとう御座います。

・・・・何か”忠告”などありましたら、遠慮なくお教え下さい。

・・・実験して見ます。・・”ロハ”で出来るなら!(笑




カレンダーを見ると、11月27日、、、、、ちょうど”ブログ開設”から、半年が過ぎるのです。


訪問者は、”15,000”を超え、、、、また、コメントも”2,000”を超え(半分は自分ですが)

・・・皆さんの寛大なお心使い、、、、心に沁みます。

当初、「1カ月、あと1カ月、、、、」・・・と、皆さんの、”激励コメント” を頂き、自分では想像も出来なかった

期間・・・・書き続けるとこが出来ました。


・・・改めて、御礼申しあげます。


ただ、当初とは、大きく変わって、”18インチウーハー調整”の、訳のわからない”ひとりごと”・・・

笑えもしなけりゃ、、、、ためにもならない、、、、、


「せっかく、見に来たのに、面白く無い」・・・・・・・かと、、、、、。

年内には、終わらせるよう努力いたしますので、もうしばらくお付き合い頂ければ幸いです。


関連記事
スポンサーサイト



良く解らない??

9月6日に、受けた”健康診断”(記事参照)・・・・・・・やっと、結果が届きました。


担当の先生が、”ケーシー高嶺”先生なので、、、、診断結果も期待が持てます・・・・・(何にだよ!!)


診断書には、・・・・・・このように、書いてありました。

「弁慶と義経に注意!!・・・たまには”歌舞伎”を見て、リラックスしなさい」


・・・・良く解らない?


当然かも知れませんが、、”身長が、0.2cm小さくなった”・・事が、”脱毛症”による抜け毛が原因とは

書いて無かった、、、、、、、でも、、人間に生まれて良かった、、、脱毛症になっても、”人間は人間”・・・

これが、”毛虫の脱毛症”だったら・・・・・・”いも虫”になってしまうのでは無いか!

・・・・・良く解らない??




昨日は、祝日・・・・・・”山椒魚は驚いた”の続きを味わいたくて、、朝から”部屋に籠ることにした。


最初に、「ちょっと早いかな?」・・・と思いつつ、、、、クラシックに挑戦・・・バイオリン協奏曲を選んだ。

しかし、、、、何だか変???

バイオリンソロ・・・・・・これはいい感じ

第一二バイオリン・・・・・・・ちょっとキツイ・・・甲高い・・・・・そして、ソロよりも前に出てくる!!

何でだろう・・・・・

・・・・・良く解らない???

「今日は聴くぞ!!」・・と言う、”勧進”(かんじん)な時に耳の””(ちょう)しが、悪くなった??


続けて”ジャズ”・・・・・・テナー・サックス・・を聴いて見た!!

ソニー ロリンズ : コンテンポラリーリーダー

”テナー・サックス、が、アルト・サックス”
に、聴こえる!!


ジョン コルトレーン:ジャイアントステップ

”テナー・サックス、が、アルト・サックス”
に、聴こえる!!




何か”変化”があったのだろうか????・・・・・・このままでは、いかんぞう(肝臓)・・!!

・・・・やはり、”甲高く”聴こえる・・・原因は何処か!!

・・・・良く解らない????


結局、禁断の、”F特調整”をしてしまった!!

普通は、”最後の最後”・・仕上げの調整に使用するのですが、、、、、、、、、


”3KHzを中心にー4dBほど・・ダウン”

やっと、落ち着きました!!

本来、グライコ調整は、”最後の最後”

単音のワーブル・ト―ンを”20Hz~20KHz”

まで、30分割で入力して、

”各周波数”での”部屋の共振点”を探します。

時に”ガラス扉”、時に”天井裏の配線材”

・・・・これらを、”一か所づつ”・・・・共振止め・・・・。。。紙を折って挟んだり。。。。部屋の外追い出したり、、、。

・・・・怖いのは”定在波”・・・・・これは”グライコで絞らないと”・・・・・・

学生時代に、遊びに来る友人達は、「グライコを入れると、音が鈍る」と言う人が多かった。。。。

・・・「どうやって、定在波を抑えるのだろう??」・・・・・不思議でした。

・・・それに、、、周波数特性って・・・・ごちゃごちゃ、、、のはず???



応急処置でしたが、”ちょっとだけ、聴きやすくなりました”・・・・・・・・根本的な原因は??

自分の”耳が、全ての測定器”を備えた、、、(腎臓)”人造人間”ではありません。

・・・時折りは”測定器”で確認も必要か!!・・・・・全周波数発生器だと、共振周波数が、、、、、、。

・・・・良く解らない?????


今度こそ!!!!・・・・安心して、、、”クラシック”、だ~~!!


モーツアルト : 交響曲39番&40番

・・・学生時代からの愛聴盤・・!!!

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

・・・・・「おおおおおお・・・奥行きが、、、、無い!!」

何でだろう???

・・・平面バッフルが奥行きを阻害していたはず・・・

・・・・断腸の思いで廃棄したのに、、、。


・・・・・良く解らない??????




でもこれは、すぐに気が付きました!!

左が、おとといまでの状態です。





対策後は、この状態。

”YLホーンの間のスピーカー”を、下ろしました!


スピーカーの間に、”物があると”・・・・・・。

何でだか?????・・・・奥行きが出無い。

・・・・良く解らない???????





結局、、何だか良く解らないまま、時間だけが過ぎて、、、、、、。

学生時代に戻って、、、、、「音我苦」・・・・を聴き続けました。

ほんと、、、”(”調子の悪日、、、って、こんなもんか。



それに、一番気がかりなのは、、、”音より部屋”・・・・・・・・落ち付いて聴けやしない。























































スピーカーの反対側・・・・リスニングポイント側、、、、。

これを、何処へどうやって、片づけるのか!!!!

来年までかかるのか!!!

・・・・良く解らない???????????


・・・・今日は、聴かない・・・・

・・・・やっぱり、聴こう・・・・

・・・・良く解らない??????????????



・・・健康診断の結果は、”3っつの内蔵に注意しなさい”・・・・・・・でした!!!

・・・ヒント!!!これ自体・・・

・・・・良く解らない??????????????????


関連記事

山椒魚は驚いた!!

山椒魚は驚いた!!・・・・・・・・今日の投稿は予定外・・・・・・


感涙・・・・・涙が乾かないうちに、、、、、、、、何年ぶりでしょう、、再生音での感涙、、、、、




実は19日(土)に、「最初の音だしは、完了」していました。・・・・おりしも”降りしきる雨”

・・・片づけは途中でやめました。


”号砲、一発”、、、”凄いウーハー”・・・・・・と、”レポートを書こう”としていたのですが、、、、、

無残な音に、惨敗、、、、、、記事内容を急遽変更したのでした。


原因は、”雨”・・・・・・学生時代から、”湿気の多い日”は、音にならないことは知っていたのです。

・・いつもだと、”雨の日は窓を開けずに”聴いていました。

・・朝起きて”片づけ開始”・・・・窓を開けてしまいました。



引っ張り出した、”キャビネット”はそのまま、

外した、オンキョー:W3801もそのまま、、

まだ、リスニングチェアー位置も、そのまま、、

セッティング途中です。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今夜、、、、取り出したのは、”アート・ペッパー:+イレブン”



以前から、時折り、取り出していたのですが、

12名編成の10名が、”管楽器”・・・・

録音自体も、”中高音より”で、再生が難しく、、

耳にきつく、音を抑えるには、音量を絞って、、

すると、全く頼り無い、”ベース”と”バスドラ”

・・・グライコ調整するも、明瞭感が、ガタ落ち。

そんな印象でした。

今日になって、取り出した理由は・・・・・???

”18インチウーハー”が、小音量でも明快な”ベース”を刻んでいたからでした。


”大型ウーハー = 豪快な低音で大味 ・・・・・・・そんな先入観がありました。



学生時代にも、何度か”18インチウーハー”は聞いたことがありました。・・・・・ショップにて、、

今回も、、、、、、ちょっと不安がありました、、、、だからこそ”平面バッフル”で、、、、

でも、全くの誤解・・・・・・あまりの軽快さ、、、、に驚いていたのです。



音量を絞っても、”全く崩れないベースの音階”

それは、”あたかもYLホーンが低音を出しているかのように、


果たして・・・・・・・・???

18インチだからなのか??

励磁型だからなのか??

平面バッフルだからなのか???

あるいは、すべてが上手くかみ合ったからなのか??


未だ、解明出来ず、、。




アート・ペッパーの軽快なアルトサックスはセンター。

左から”トランペット”・”ベース”・・・・・左へ”ずらりと並ぶ”

”サックス”・・・・・・右には”ドラム”

そして、ペッパーのアルトは”一歩前”に出ています。

並びました!!

・・・・今までは”かたまり”だった、、”管楽器軍団”



























YLホーンとウーハーのクロスは、”340Hz、-12dB/OCT”・・・・-6dB/OCTより自然なつながりでした。

”ベースのピッチが明快に”・・・・今までは”ボン・ボン・ボン”・・・・・・・・と、、、

ベースの弦が5cmもありそうな、ぶっといベース音・・・鈍い響き。。。。。

今回は”ポン・ポン・ポン”と弾みます、、、、、、

そして、弦の余韻が、”ん~、ん~”・・・と、床に這うかのように、、、部屋を揺らします。



同じく”バスドラ”・・・・今までは”ドスン・ドスン”・・・・・バスドラの中に”首を突っ込んで”聴いていたようです。

今回は”パッ!・パッ!”・・・・消えてしまいます。

そして、スタジオ内での”反射音?”かのように、、”ドッ!・ドッ!”・・・と余韻が残っています。


これは、一体!!???

余韻は、「超低音」です、、”サブウーハーが担当”しているのですが、、、、、そこまでの繋がりが全然違う。。


全く、敵わなかった・・・・・・”アート・ペッパー:+イレブン”

。。。こんな録音現場だったのか!!・・・・・やっと見えた気がしました!!



12名が一体となって、、、、ペッパーを引立てながら、、、それぞれの”楽器の一音一音” を、、、、

豪快かつ、繊細に、、、、、、、演奏者が ”楽器を操り” ・・・ ”音を楽しんで” います。。。

それを”懸命に残そう”  とする、”録音技師”・・・・・・その意図が、見え隠れ してます。


今までだと、 2~3枚 は続けて聴いて ”満腹感” を味わうのですが、、、 

・・・例えるなら、「食ぱんを、水だけで、10枚ほど食べた状態です」・・・・



・・・・・・今日は、たった一枚で、”満足感” を味わいました。

”孤独感や疲労”への報酬かも知れません。

まだまだ、本領発揮ではありませんが、、、、、今回のウーハー、、、、面白そうですよ。

関連記事

平面バッフル。。さよなら。。。

昨日は一日中、、雨降りでした。・・・幸い、風は弱く。

今日は、薄日が差し込み・・・・・・生温かい風が、、、、、、・・・・・木枯らしも近そうです。


先日、リサイクルショップへ行った時、箱に入った沢山の、”ビー玉” を見かけました。

その後、幼い、甥っ子が遊びに来た時に聞いて見ました。

「ビー玉、、って、知ってる??」・・・・・・・すると、幼い甥っ子は、

「知ってる!!・・・・・ラムネに入ってる!!」

・・・・皆さんも記憶にあるかと思いますが、”ラムネ”(炭酸飲料)・・・あの中に、”ガラス玉”が入っています。

最初はその”ガラス玉”が、蓋のようになっていて、それと勢い良く押し込んで、ビンの中に落とすんですよね!

今の”ラムネ”は、ペットボトルの硬い奴見たいですが、、、、。


そして、その中の”ガラス玉”・・・・・・あれは、”ビー玉では無いんです”

ビー玉は、”B玉”、、、と書きます。

規格を外れた物を、”B級品”・・・・・と言いますが、それと同じなんです。

つまり、”ビー玉”は、ラムネの蓋のガラス玉の規格外れ品を、”おもちゃとして、売り出した物なのです。


そして、”ラムネの蓋のガラス玉は、、、、”A玉” (規格内)なんです。



・・・・・この話しは、ギャグでは、ありません。・・・・子供たちに、”正しい知識を!”



今日は、ちょっとさびしいお話しです。


6月6日の記事で紹介した、”大き過ぎた、平面バッフル”ですが、今回のウーハー入れ替えで、

どうしても”撤去”することになりました。

以前から、”響きが曖昧”で、音量を上げないで、静かに聴いていたのです。・・・・・いずれ廃棄処分と、、、。

そして、最後の”歌声”をと、”FM放送”を聴いていたのですが、、、、。

流れて来たのが、”アート・ペッパー特集”でした!!!

思わず、”ヴォリューム・アップ!”・・・・・・。

すると、・・・・「乾いたペッパーのアルトサックスが見事に現れた」・・・のです!!


以前は、”大きな勘違い”だったようで、

”針葉樹合板”が、乾燥途中だったのかも知れません。


久しぶりに、”音量をあげ”・・・・バッフルを大きく振動

させて、初めて気が付いた、”響き”、、、、、

無塗装だったのが、幸いしたのか、数か月間で

乾燥が進み、、、、、豊かな響きに変身!!


やはり、”スピーカーBOXの木材は十分乾燥”して
初めて、本領発揮なのでしょうね。

”DIY”で、売っている木材もすべて、”乾燥途中”かも、
ましてや、今回のは”外に放置”された廃材を使用して
雨水なども、沁み込んでいたのかも知れません。

「このまま聴き続けたい」・・・そんな衝動もありました!


でも、ウーハー入れ替えには、どうしても、、、、。

裏側には、”補強”と称して、廃材が、、、、。
これによる、”響きのコントロール”があったのか??

支えは、”4本の足”・・・壁から”5本の鎖”で、、、

斜めにぶら下がっている状態ですので、
尚更、板材の響きが重要でした。

平面バッフルの裏には、薄手の布、、、、、
これは、部屋の中高音の響き過ぎ対策です。

亡き母が、ベットカバーとして手作りしてくれたので、
思い出の品、、、、今は用途こそ変われど、、、
重要な役割です。



外された、”ピエロの鼻”・・・・・・???

では無く、”ゲンコツ”・・・EAS-20PW09型
初代は、”8PW1”でした。

実は、初代は”ピエロの鼻”が若干短くて、
マグネットを上にして、”伏せて”置けたのですが、
2代目は、伏せて置くと”ピエロの鼻”が飛び出した分
が、引っかかります。




ゲンコツの”仲間”もいるそうですが、

テクニクススピーカー、”SB-65”の中に入るのは
”フェライト・マグネット”の廉価版、、、、。
システムコンポ、”ユー・オー・ゼット”の
スピーカーです。

オークションで、1万円前後になりますが、、、
どうせ買うなら、アルニコの”20PW09”が、
良いかと思います。
もっとも、2~3万円ですが、、、、。

1個定価:3,900円だったのに、、、。

SB-65用の廉価版は、、、
エッジも”ロールエッジ”となって、
「ボンボン」と低音が強調されていますよ。

・・・・これはこれで、聴いて見たいのですが、、、

”ゲンコツ”本来の音、、、、
フィッスド・エッジ”の方が、
味わい深いかと思います。





さて、皆さんの”応援”を頂いて、”着々と進む”、、18インチウーハーですが、

気になっているかたのために、、、、

まずは、この写真を見ながら、、、、、、、前後に大きく”首を振って”下さい。





























今度は、写真を見ながら、、、、、、、左右に小刻みに”首を振って”下さい。










































どうでしょうか????

”大振幅から小振幅まで”・・・・・・ストレス無く、、、動きの良い”18インチウーハー”、、、、

雰囲気が伝わったでしょうか!!!!



無理ですよね、・・・・・・・”動画”と言う”技”が解らなくて、、、、どうやったら伝わるか、思いつかないんです、、。。




それと、”ともさん”が心配していた、”バック・トゥー・ザ・フューチャー” 現象ですが!!!


可愛そうな事をしてしまいました!!!

いつも ”蓄音器の前”で、耳を傾ける、、、

ビクター犬、ニッパー君

今回は”18インチウーハーの前”で、、、、








”ぶっ飛んでしまいました!!!


”トラック・バック”・・・って、どうやるのか??




実は、まだ”仮置き”出来ただけでして、、、、

期待に答えられず、、、、、、、

次回こそ、、、、、、

11月中には、、、、、、、

年内には、、、、、、、

お正月中には、、、、、、、

春までには、、、、、

ブログ閉設までには、、、、、、


申し訳けありませんでした、、、、、m(__)m


関連記事

秘密ですよ、、、、。

昨夜の、”女子バレーボール”・・・凄かったですね!

まさか、”絶好調のドイツ”を、破るとは!!

日本女子バレーボールは、今や”ワールド・クラス”になった!・・・・・と、感動いたしました。


この人気を受けて、、、、、、きっと、・・発売されますよ。


”STEREO”誌の、”デジアン”の予約ばかりでは無く

”奥様”・・・・恋人に、”クリスマス・プレゼント”として、予約されては!!




”ワールド・カップ”・ブラ!!!でかっ!!・・・・・・・・・・・・・(そんなの”発売される訳け無い)

・・・・・・・注意!・・・Hカップ以下の方には、合いません。






今日は、”秘密”のお話しです。・・・・・・・・・・分別ある”大人”の方だけ、読んで下さい。・・自己責任にて、、。

そして、”絶対・他言無用”にてお願い致します。


先日、ヤフオクにて”カートリッジ”を落札しました。

”ソニー製:VL-15G”

写真で見て、「この針は使えないな」・・・・
・・と解っていたのですが、、、、。

300円で”入札0”・・・・送料120円(定形外)

・・・・あっさり、落札・・・・・

そりゃこんな”状態”ですからね!!


カートリッジの種類によっては、今でも
”JICO(ジャイコ)や、ナガオカ”などから、
交換針が購入出来ます。

ただし・・3,000円~、、、です。中には1万円↑
で!!・・・極少小遣いの私には”手が出ません!

左の写真・・・・針が交換されて新品になってます。

この”交換針”・・・・・・・

実は”ビクター:DT-29”なのです!!

・・・・秘密ですよ・・・合うんです!!


同じ様に、”ソニー:XL-15”へも!!
・・・・秘密ですよ・・・合うんです!!

右にあるのは。”ビクター:MD-1013”です。
・・ぴったり!!

DT-29”は”MD-1013用の交換針ですので!

この”DT-29”・・・ヤフオクで”300円”ほどで、、

・・・・秘密ですよ・・・・新古品です・・・



”DT-29”は、他にも合うカートリッジがあるんです。

”デンオン:DL-60”・・・・・・”DL-65”・・・・・・・・・両方とも”本物の交換針”は買えそうも無いので、、、。

・・・・秘密ですよ・・・・合うんです・・・・・


上段:”シュアー:M72B”・・・・・・
”針”は何だか、忘れてしまいました!!(汗

中段: ”グレース:F8”・・・・・これは大変です!
交換針が発売されていません!!

・・・付いているのは、”三菱:3M-31?”
・・・”三菱:3M-33?”・・・・
どっちだったか?忘れました!!(汗
*修正)”3D-33”見たい!

・・・秘密ですよ・・・合うんです・・・



下段:”パイオニア:PC-110”・・・・・・・????やっぱり、”交換針が買えなくて”・・・・・・・

でも、心配入りません。

”トリオ:N-38”(交換針)が、取り付けられます!!!・・・・・・只今、ヤフオク出品を”ウォッチ”中!
・・・・480円・・・・のですが、、、、。

・・・・・秘密ですよ・・・・・誰かが狙ってしまうかも知れませんので、、、、


忘れる所でした!!!!・・・・・・・”パイオニア:PC-330”にも合うんです!!・・・・だ、そうです!!

・・・・秘密ですよ・・・・・本当かは知りません・・・・・



これは!!!

”エンパイア:4000D/Ⅲ”・・です!

針も本物です!!!(笑

この”4000シリーズ”は・・・・
D/Ⅰ、D/Ⅱ、D/Ⅲ・・・とあるのですが。
ボディは同じ・・・ようです。・・印刷は違いますが

針先が違うんです。
Ⅰは”丸針”(黒)
Ⅱは”楕円針”(黄色)
Ⅲは”ラインコンタクト針”(白)・・・なのです。

以前、ヤフオクで、”エンパイア:4000D/Ⅰ”の、ボディだけ!!・・・・1,000円で落札したのですが、

それに、”D/Ⅲの交換針”をつけたら、・・・・・4000D/Ⅲの音でした!!・・・・・私感ですが、、、。

・・・・・秘密ですよ・・・・・D/Ⅰ を安く買って、”交換針”だけ”D/Ⅲ”にする人がいるかも知れません。・・・



でも、”D/Ⅲの交換針”・・・・って、”7,200円”だそうです!!・・・・・大変だ!!・・・私にとっては、、、。

・・・・”針無しの4000シリーズ”をお持ちの方で、、「どうしても音を出したい方」・・・・

・・・・コロンビア(デンオン):DSN-6・・・・・など・・・・・ヤフオクで新古品が数百円です。

・・・・本当に使えるのか?????・・・・・・

・・・・秘密ですよ・・・・誰かがやったら、大変なことになります・・・・



どれもこれも”オリジナルの音とは、全然違います!!”

良識ある方は、真似しないで下さい。

お金は無いけど、、”手持ちの針無しカートリッジ”を”お遊び用で復活させたい!”

・・・・方だけ、自己責任にて!!


出来れば”読まなかった”ことにして下さい。


こんな事を、ブログで”公開”して、真似した人が失敗したら”後悔”しますよ。


それよりも、もっと確実だったのは!!・・・・


先日::ハード**・・・・にて
しっかりと!!・・”お百度参り”。。。してたら!!
この様な、御褒美がありました。

”ソニー:XL-MM1”・・・です。(音は悪いですが、、)

DENON:PCL-5・・・・シェル(元箱付き)・・でした。

針は中古ですが、まだ使えます。

525円!!!・・・私のためのお値段でした!!


こうして、、、、使いもしない・・・カートリッジが増加するのでした!!

・・・ちっちゃいので・・・・ついつい・・・・

関連記事

救世主、現れる!!

小雨が降ってきました。・・・・・北海道では、”雪”が降ったそうです。

・・・・晩秋・・・・オーディオ・・・・音楽・・・・・女性ボーカル・・・・・・シャンソン・・・・・良いですね、、。




曇り空でしたが、日曜日に”18インチ平面バッフル”の製作を再開しました!!

もう、一人で、持ち上げる元気は無かったのですが、、、、、

救世主登場!!!・・・・・・・2年前の”バスレフBOX”の時にも現れた、「Sさん」です!!



「Sさん」・・・・・・ちょっと、変わった経歴をお持ちです。


オーディオも好きなのですが、車も大好きでして、。。。。。”ホンダ・ビート”を所有されております。

軽自動車ながら、軽量ボディを武器に”休日の峠道”に現れては、、、、、、

”全開”走行を楽しまれるのです!!

昨年末には、原因不明の病で入院・・・・・1カ月の検査でも異常なし・・・・”全快”祝いをしました!

間もなく起きた、3月11日の大地震・・・・・家が、”全壊”・・・・・・・何と言う事でしょう、、、

でも、物凄い”前向きな方”です・・・・・「家を建てるお金が無い・・」、、、と、悩んでおられますが、、、

しっかりと、”スピーカーは落札”してました!!







何やら”裏側を確認」・・・・・

気心が通じますので、最初に説明しただけで

全部解って貰えます!!










支えの確認中・・・・・・・

本人の”プライバシー保護”のために

目線は、”サングラス”着用のように

画像処理に成功した!!!




・・・のでは無く、”本物”のサングラスです。

・・・決して”その道”の方ではありません。




あまりの”重さ”ですので、バッフルだけでは

心細い・・・・・

底板から、”一本のつっかえ棒”・・・・




出来るだけ、”バッフル振動を分散”

させるためでもあります。


本当は”バッフルに止めず”・・・・

マグネット(励磁部)で支えたかった、、、


ですが、、、、あまりの”重さで”、、、、


これが、”第一ステップ”・・・・・




そして、横棒で、更に”抑え込みます”


本当は”バッフルに止めず”・・・・

マグネット(励磁部)で支えたかった、、、

バッフルの振動を”嫌っていました”


これが、”第二ステップ”・・・・・・




更に、後ろから、”つっぱり棒”、、、


本当は”バッフルに止めず”・・・・

マグネット(励磁部)で支えたかった、、、


すると、”ユニット本来”の振動による、

切れのある”低音”が見えたはず、、、、

結局、バッフル振動を冗長させる、ための

支えになってしまいました。・・・無念、、。

”バッフルに振動を伝えない”・・・・・・つまり、バッフルの共振音を出さず、、、、

ユニットの持つ本来の”レスポンス”・・・・”アタック・リリース”を引き出したかったのです。



この方法は、古く”RCAビクターの電蓄・・・・R99型エレクトローラ”により、実現しております。

12インチのフルレンジを、”密閉箱”の中で”吊るした”のです。


盤塵集からの写真です。

バッフル及び裏板は”5mm”ほどの

ハード・ボードだそうです。

常識的な”厚く硬い木材”のバッフルを

無視するか?・・のような構造、、、。

バッフルとスピーカーの隙間には、、

”フェルト”が貼ってあるそうです。

・・・・ビス止めはありません・・・・


バッフルの振動をも”制御”された、

R-99型エレクトローラ・・・・・

”電蓄、最高傑作”の秘密、、、、、

”やって見たかった”・・・・・失敗です。


他、”コブラ型アーム”、、、、

当時100gを超える”重針圧時代”に

その1/3”ぐらいの針圧で使えるほど、

”ハイ・コンプライアンス”だそうです。


実家お隣の師匠宅には、この”R-99型

エレクトローラ”があるのですが、

残念な事に”コブラ型アーム”が外されてい

ます。



”完調品は存在しないかも”、、、

何の話だか???・・・・・脱線してしまいました。


しかし、”いにしえの先駆者”が、これだけの”知識・実験”によって、”様々な傑作”を、

この世に生み出しています。


オーディオの歴史・・・・傑作・名機・・・・・まだまだ、知らない事が多すぎます、、、、。


いずれ、、”軽めのフルレンジ”で実験して見ます。・・・・・バッフル振動から解放された”音”

・・・・果たして???・・・・




そして、完成した”平面バッフル”・・・・

すでに”構想から外れた失敗作”ですが、

逆に”コーン紙の振動”をマグネット(励磁)部

へ集中させる結果です。

・・・・本来振動は”適度な分散”が良いと

考えております。




今回は逆、、、、

思い起こすと、”レコードプレーヤー”・・・・・・ハウリング対策として、キャビネットの重量を増し、、、

振動を集中、、、、、結果、ハウリングに”完敗”・・・・・自転車チューブで”ぶら下げ”・・・・振動を伝えず、、、

・・・分散・・・・・ハウリング撃退・・・・・

何事も”無理やり”は良く無いようですよ。

今回は????




その結果の”急いだ”のですが、、、、、


飛んでも無い”間違い”が!!!!!


増えたジャンク収納で、備えた、左端の

”キャビネット”・・・・・邪魔でした!!

スピーカーが入りません!!!




2年前まで使っていた”鉄骨アングル”ですので、「入らない訳無い!」・・・・・・忘れていました!!

・・その後の”ジャンク増加”・・・・

キャビネットを取り払い・・・・左へオフセットさせて”配置”させれば、良いのですが、、、、、、

リスニング側にも、追加された”本棚”が邪魔で、”椅子の移動が出来ない”・・・・・・・・・・。



右には”180cm×180cm”もの、ラックが!!

根本的に”部屋全体のレイアウト”の見直し、、

あるいは”リスニングルーム”の増設!!

・・・・これは無理だ!!


年内に終わるのか???

いつのなったら、”試聴調整”出来るのか??


すっかり、、、、、

”開き直って”・・・・・ほったらかし、、、、








皆さんは、”計画的実験”で、失敗のリスクを最小限にして下さい、、、、。


一気に”テンションダウン”・・・・・。


暫く、、、”瞑想”・・・・・・いや!・・・”迷走”・・・・・です。






関連記事

お疲れさまでした、、W3801

曇り空ですが、雨の降る事も無く、、、過ごしやすい日でした。


18インチウーハー導入前に、やって置かなくていけない事が、、、、、

”ジャンク軍団”は、あちこちに分散しましたが、”大切な事”があります。

”出会い”とともに”別れ”が、訪れたのです、、、、、。


30年にも渡り、我が家のメイン・ウーハーとして、様々な活躍をしてくれた、、、、、

ONKYO製 : W3801 ・・・セプターシリーズ・フラッグシップ・ウーハーとして誕生して新品で購入しました。


インピーダンス:8Ω

最大入力:120W

出力音圧レベル:96dB/w/m

最大出力音圧レベル:117dB/m

最低共振周波数:21Hz

再生周波数範囲:fo~2,000Hz

クロスオーバー周波数:2,000Hz以下

磁束密度:11,000ガウス


総磁束:246,000マクセル

マグネット
寸法:180φ×90φ×20mm

マグネット重量:1,798グラム

ボイスコイル直径:76φmm

振動板実効半径:167mm

振動板実効質量:88グラム

Qo:0.44

外形寸法:424φ×189Dmm


重量:9.7Kg

バッフル開口径:366φmm


以上、”ONKYO、LAYOUT、BOOK”

より、、、、。



今では、すっかり見無くなりました、、、

”ベーク・ダンパー”・・・・・・・

”蝶ダンパー”が有名ですね。



皆さんも、現在お使いの”スピーカーの詳しい特性”・・・・ご存じでしょうか??

自作する方にとっては”大切なデータ”ですね。

私が気にするのは、、、、、


出力音圧レベル・・・・・・・・1Wの出力を入れ、1m離れた所での”音の大きさ”・・・・大きいほど、小出力でOK!


最低共振周波数・・・・・・・・・・・再生出来る、一番低い周波数・・・・これ以下は”BOX”の響きしか聴こえません。


再生周波数範囲・・・・・・・・・・・メーカー実測値ですが、大抵”JIS箱”(600リットル密閉)での測定値

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・出来るだけ、”周波数特性グラフ”から読み取って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・数字だけでは、基準周波数から”何dB落ちた周波数”かが明記されていません。


クロスオーバー周波数・・・・・・・メーカー推薦です、・・・・スコーカー・ツィーターの場合、気を付けて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それ以下で、クロスさせると”過大入力”で焼損します。


振動板実効質量・・・・いわゆる”Mo”です、重いと重低音が出やすくなりますが、音圧レベルも小さいのが多い。


Qo・・・・・・・共振の”鋭さ”を現わしています。・・大きいと”大きな箱や平面バッフル”が似合います。

・・・・・・・・・・小さいと”バックロード・ホーンやダブル・バスレフ”が似合います。


こんなところでしょうか、、、

・・・・私感が入っているかと感じられるでしょうけど・・・・経験上ですので、お許し下さい。








2年間、お世話になった、、、、、

170リットル・バスレフBOX、、、、

鉄骨アングルが放置してあった

駐車場の片隅へ、、、、、

解体を待っています。


お世話になりました、、、、。

”ドスン・ドスン”・・・ありがとう、、。











出会いの前に別れが、、、、、、


W3801・・・・今日はとても”軽く感じました”・・・・・”9.7Kg”もあったんですが・・・・。

悪い訳では、ありません。


組み合わせ・そして求める方向が、、、、ちょっと違っていました。

200リットルの”指定バスレフBOX",,,,

ハイ・パワーアンプ、、、、、、

広帯域”セクトラル・ホーン”、、、、との、”2Way”、、、、

試していないのですが、、、、、似合いそうです。


そして”新たな出会い”・・・・18インチ・励磁型ウーハー・・・・WEシアターシステム・・・モーショングラフ改造品、

どんな音が、出るのでしょうか??

・・・急がないと!!・・・・・・雪の降る前に、、、。







関連記事

すいませんm(__)m・・小ネタです。

秋晴れの快晴・・・・清々しい、お天気に恵まれております。


何やら、昨日~今日にかけて、”たくさんの方々”が、ブログ更新されたようですね。

御天気に恵まれ、”最高の音楽鑑賞”&”オーディオライフ”を送られた方が多いと言うことで、元気を分けて頂いた気分です。


それなのに・・・・・・・”小ネタ”で申し訳けありません。

18インチ用”平面バッフルの製作”にも、絶好の御天気だったのですが、”あの重さに恐怖心”が出てしまい、、

・・・・「また、薄氷の腰が悲鳴をあげるか?」・・・・・結局、今日は何にもしませんでした。



とは言え、・・・・お部屋で、”マイルス:スティーミン”を聴きながら・・・・・ちょっとだけ修復を、、、。



18インチウーハーの片方には破れが、、、、

”地震の爪痕”・・・・・・・

”ファンテック社”のボンドがあったので、
接着しました。

・・本当は”コーン紙の亀裂修理用ボンド”が
良いのですが、プロ用です、、、、
入手方法が解らず、また、お値段も??

接着具合いは明日確認・・




6日の日曜日に”ジャンク・スピーカー”を整理してから、ずっと ”3ndシステム” を聴くようになりました。

今までは、三か月に一度ほど・・・・・・それも、一日しか聴きませんでしたので、久しぶりに”どっぷり”と、、。



そして、18インチウーハーとの入れ替えとともに、”ちょっと他の実験も”・・・・・妄想です。


2年前に”バスレフ化したウーハー”と

同時に選びだした”ツィーター”・・・
ジャズ用として”シンバルのガシャーン”が

聴きたくて・・・・・フォステクス製:FT-90H

音圧レベル:106dB/W(m)
再生帯域:5KHz~35KHz

本来は”スーパーツィーター”として使いたい
ところですね。

借用品ですので、返却の時期でもあります。

実は、このツィーター・・・・・学生時代にも使った事が、あったのですが、新品であったために

元気な高音ではあったのですが、”なめらかさ”が不足・・・・・結局1カ月も使わなかったのです。

今回は、2年ほど使い続けたのですが、”段々となめらかさが出てきて”

・・・・「やはり、良いツィーターだな」・・・と、



・・ホーンスピーカーとは不思議なもので、使いこんだ”中古品”の方が”スムーズな音”が出るように感じます。






そして、”実験したい候補者”が・・・・・・・


YL音響製 :1800G(16Ω)+ショートホーン

ショートホーンは”金メッキ”だったのですが、
”ボロボロ”だったので”黒艶消し”に、、、




手持ちの資料が見当たらず・・・記憶にて
音圧レベル:102dB/W(m)
再生帯域:4KHz~22KHz




実は、これも以前実験したことがありまして、”ツィーター”としては、一番気に行っております。

ただ、その立ちあがり特性が、リエントラントホーン+D5500より”上”でした。


そして、”一番遅いウーハー”からの、全体の繋がりとして”スピード感が目立ち過ぎる”ような感じがして、、、、、

一カ月ぐらいは、使ってみたのですが、結局テクニクス:8HH17Gに戻ってしまいました。

しかし、こんどは、”ウーハーの立ちあがりも改善”されるはず・・・・・

・・・・・全体の立ちあがり向上へ期待が高まります。

・・・・・場合によっては”ショートホーン無し”、、、や、、、”ディフィーザーを装着”させて。






もうひとつ実験したい、候補者が・・・・。

アルテック・ランシング社製 :

MR-902-8HF

音圧レベル:105dB/W(m)
再生帯域:2.5KHz~20KHz

・・・5KHz以上推奨・・・
・・・プロテクション・コンデサーが
・・・入っています。







これも、以前実験したことがあります。

”強烈な高音のエネルギー感”・・・・・当時クラシック中心だったためか、YL音響:1800G以上に

”バランスを欠いて”しまいました。・・・・・・調整の未熟さ、、、、、、もあります。


タンジェリン・ドライバーですので、”20KHz”など、全く気にならない、超高音のエネルギー感、、、、、

・・・・そして、”マンタレー・ホーン”による、”垂直40度 × 水平60度”の指向性の広さ、、、、、。

・・・・上手くコントロールすれば、オールラウンドで、実力発揮が出来そうです。



このほかに、スーパー・ツィーターとして、”ホールトーン再生”用として、

パイオニア製 : PT-R7Ⅲ ・・・・・・が、、、、、しかし現在”貸出中”・・・・・実験は最後となりそう。






そう言えば、片づけをしていて、”発見”


ウーハー用の”パワー・アンプ”として、、、、

使えるか??????

ヤマハ製 : B-70

定格出力 : 200W+200W




本当は現在使用中の

オンキョー:W3801 との組み合わせが

良いのかも知れません。

実験していなかった!!!!






・・・・可哀想に・・・・

ラックの横に立てかけたまま・・・・

すっかり、忘れていました。


励磁型ウーハーは、、

恐らく、100dB・・・・ぐらいはありそうです。

”ハイパワーアンプ”でなくても十分かも

知れません。

それに”最大入力25W"ですので、

”鳥かごで猛獣を飼う”

・・そんな恐ろしさも、、、。






妄想ばっかりでした。


まるで、”集団:暴走族”・・・・・に対抗した、、、

・・・・・・”孤独:妄想族”・・・・・・・・か!

もう、そうろ、そろ・・・・・妄想を止めて・・・・・製作に戻ら無くては!!





























それにしても、”久しぶりの マイルス”・・・・・最高ですよ!!!

ここ数日、クラシックばかりだったので、、、、、、勿論、好きなクラシックですが、、、、


”ジャズ”も良いですね、、、、、、やっぱり”好き”なんです。



皆さんも”ジャズ”はお好きですか?????




・・・・そうですか!!・・・・お好きですか!!!


ジャ、ズーーーと!!、聴かなくちゃ!!」
関連記事

孤独へ、、、

紅葉も”いわき地方”へ移動した、福島県・・・・・・今年は”いわき地方”へ紅葉狩りへ出かける方は少ないようです。




今日は、第一種衛生管理者として、社用にて、「腰痛予防講習会」へ参加して来ました。

講習中、講師の先生が、参加者へ質問しました。


・・・「皆さんの中で、”椎間板ヘルニアの方は、いらっしゃいますか?」

・・・2名の方が、手をあげました。


・・・「大丈夫です、痛いのは、”朝のうちだけです” から、・・・・・



・・・ へるにあ、 治ります」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・”昼には” でしょうー!”

・・・・先生、随分”なまり”が酷いようです。・・・・・名札には、勿論・・”ケーシー・高峰”と、、、。


・・・・・おやじギャグも、”すっかり、枯れ落ち”・・・・・・秋の深まり、、、、




18インチウーハーを取り付けるべく・・・・・平面バッフルを製作し始めました。

”廃材利用”で費用を抑え込まないと、、、、




幸い、”廃材置き場”にあった、たった一枚の、
24mm厚サブロク合板を入手出来ました。

”小さな穴・ガムテープ・埃・汚れ”・・・・・・
まさに、”廃材”でしたが、・・・何とか使えそう、

ノコギリで”80×75cm”に切断・・・・
借用中の”ジグソー”で、穴を開け・・・
借用中の”サンダー”で、汚れ落とし・・・

たった、一人での作業・・・・・・孤独感が、、、。



駐車場の端っこに、置き去りだった、

”鉄骨アングル”・・・・2年前に”バスレフ化”する前、

使っていた、”平面バッフル”の骨格です。

学生時代に”鉄骨屋”さんで作ってもらったのですが、

”防腐剤”を塗っていたので、”酷いサビ”は

ありませんでした。


軽く”浮きサビ”を落とし、”黒で再塗装”しました。

塗装前に、”今回の仕様”に合わせるために
ドリルで、3.8mmの穴を開けたのですが、、、、

その数、、、50か所ほど、、、硬いのなんの、、

ドリルのモーターが、”悲鳴をあげ”、、、、、

それより、自分の腕が、”悲鳴をあげ”、、、、。

・・休憩をとりながら、、、、孤独な作業が、、、。



その他、、廃材利用した部品・・・・10個ほど、、

すべて、手引きノコギリで切り出しました。

ほとんど、”右肩の感覚が無くなり”

・・・休憩時間が長くなって、、、、、。


益々、、”高まる、孤独感”、、、、。




そんな、孤独感を和らげてくれるのが、、、

”トランジスタ・ラジオ”・・・・
真空管アンプの形をした”ギミック商品”・・・
”SWを入れると”・・3本の真空管内が”オレンジ色”に
ほんのりと光ます。
・・最近は”郡山市限定”のコミュニティーFM”・・
”ココラジ”を聴く事が多くなりました。
・・・・ただし、このラジオでしか聴きません。・・・

Hi-Fiとは無縁の”情報源”と考えると、、、
これほど”適任”はありません。


”AVシステム”対”オーディオシステム”・・・・・・が、
”テレビ”対”ラジオ”・・・・でしょうか???

作業をしていても、邪魔にならない”ラジオ”・・・
映像を見る必要がありません。

作業に集中出来き・・・・そして、孤独を和らげ、、、

”オーディオシステム”も同様かも???
”再生音から、録音現場の想像を”・・・・
映像が無い分”想像に集中”出来るような、、、。



すっかり、”日が暮れて”・・・夕食までのひと時は
”いつもの部屋で”・・・・・・


普段の照明は、”ダウンライト2個(15W)”・・・・

そして、”白熱電球20W"が1個・・・昭和30年代の

”街頭用”・・・・・・・・”擦りガラス”の傘を、、、、、。

・・・薄暗いのが、好きなんですね。





























孤独を癒す、最高の相棒が、、、、、”ジャンクスピーカー”・・・・かも知れません。

それも”相当な数”・・・・・・他愛も無い、不器用で時代遅れ、見捨てられた、機器達、、、、

どことなく、自分にそっくりな、古老の機器達に親近感が、、、、

囲まれることで、日常の寂しさを紛らわしているのですね。



しかし、この次の日、、、、、”ジャンクスピーカー”の撤去作用を開始したのです。


孤独な作業は、”まだまだ中盤”・・・・・悲鳴をあげた”腰”が治るまでは、中断・・・・・。


大切なジャンクと別れ、、、、、すっかり、衰えた体で、、、、孤独に巻かれて、、、、

何故、こんな作業を続けるのでしょうか????





きっと、”その先にある、新たな出会い”を知っているからなのでしょうね、、、、。

学生時代から、”味わい続ける”・・・・”孤独な作業への報酬”、、、、。





関連記事

迷い??

小雨の降り続く、一日です。・・・・明日は”晴れるのか?”




18インチウーハーを取り入れようと、試みておりますが、”最大の問題”が・・・・・・。


・・・・”部屋中のジャンクが足の踏み場を無くしてました”



昨日から”地道な撤去作業”・・・・まずは”ジャンクスピーカー”・・・・


その甲斐あって、本日午後は、”3カ月ぶり”に・・・3rdシステムを聴く事が出来ました。


18インチへ変更前に”小修正”を加えて”ジャズ向きアレンジ”を取りやめました。



まずは、中音・・・・・
YLホーン用のアンプを
”KT88シングル”から
”6BX7シングル”へ・・・・

”KT88シングル”は、”ちょっとやんちゃ”(笑
”普通”に戻しました。

最初は物足りない感じもしましたが、、、
年老いた耳は、すぐに慣れました。(笑

良く言われる”真空管アンプは・・・
”暖かい音”・・・不思議な事に学生時代から
”そう”感じた事が無いのです。

無帰還シングル・・・この上ない自然な、、、
・・オーソドックスな音で”鋭さ”さえ、、、。

恐らく、このホーンとの組み合わせでは
”一生、無帰還シングル”なのでしょうね、、。




ツィーターは、、、、

フォステクス : FT-90H から
テクニクス : 8HH17G

FT-90Hの ”ガシャーン・ガシャーン” は、
ジャズシンバル”にぴったり”だったのですが、、、


クラシックで決め手となる、”弦”には、、、、、。

7KHz~、では無くて、10~20KHz以上で
”スーパーツィーター”として使った方が
良い結果”なのかも知れません。


一見、大人しい、8HH17Gですが、
能率差を埋めるべく”アンプレベル”や
”グライコ調整”で、、、、見事なマッチングに。




叩き起された”オイルダンプアーム”、、、

いつも可愛そうなのですが、、、、

”季節””気温”により、”その日の絶好調!”の
ためには、、、

”オイル粘度”を微調整します、
アーム回転軸、上の”ツマミ”で調整、、、

更に”針圧”の調整、、、測定はしません、
”カンチレバーの曲がり”を見て・・・適当ですね!(笑



今回、、、、驚いたのは、”DUAL:721

導入のいきさつは、6月18日の記事
”たったひとつの自慢話”にて、、、

華奢な作りのように見えますが、
”ダイナミックバランス型アーム”搭載です。

今回始めて”クラシック”再生にて、、、、、。

上述の”オイルダンプ+DL103”と比べる結果に、


カートはソニーの普及品ですが、その”軽やかな弦の響き”・・小編成なら・・!!!

”DUAL:721”・・・すっかりお気に入り・・・・・ジャズには”軽い響きが仇”になっていたのでしょうか?
・・・図太い”サックス”は苦手なのか???


・・・・この”プレーヤー”・・・・・生かすも殺すも、”相棒のカートリッジ”なのかも知れません。


「DUAL、よ、君の実力がこれほどとは・・・」


・・・・これが、”1,575円、、、、で買えるのですから、、、、明日も”ハード**”覗きましょうか。(笑



可哀想に、、、ソニー:TT2400+サエク:308L

ジャズ向きカートリッジ、”ビクター:MD1016”を

取り付けられたまま・・・・・一回も使わなかった、、。


”ナイフ・エッジ”・・・・・・どんなカートリッジが似合うのか?

・・・これからの楽しみの一つ”・・としましょう。・・・





すっかり、夢中になって、、、、

やっぱり”楽しい”ですね、、、、、この臨場感、、、響き、、、鼓動、、、、迫力
、、、





まだまだ、18インチ導入前に試したいことが、・・・・・

でも、このままで良いかと、、、、




・・・・僕は、良く解らない事が、あります。・・・・・

こうして、”十分楽しめるシステム”が、20年以上前から、、、、、。

なのに、”何で?・・・・ジャンクと戯れるのか?”・・・・・・・しかも異常なほど”収集”してる!!









それは、、、「そこに、(お安い) ジャンク があるからです


・・・・気を付けて下さい・・・・・”ジャンクが呼んでますよ!”


関連記事

プロフィール

プリウス1

Author:プリウス1
お役に立てないステレオの思い出話ですが、コメント大歓迎です!!

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR