コーラル:10TX-70

それは、

”発見!!”

と言うよりも

”発掘!!”

と言う言葉が正しい、、、、。



かつて無い、大量の埃を

被って、いにしえの名機が、

届いた、。

”音出し未確認”とのこで

”出来るだけ修理して欲しい”




とのことでした。

これが、コーラルの名機

”10TX-70”

であることは、すぐに気が付きました。

アルファーシリーズは、

20cmの8TX-70と

25cmの10TX-70の2種類しか

ありません。

コーラルの他の同軸シリーズと

比較すると少ないですね。



実は、20cmの8TX-70は、随分以前にH/Oで捕獲して、

その整った音質に驚いておりました!!





今回は25cm版、時折りヤフオクで見かけますが、

高値安定で、手も足も、あそこも出ません。。。。





修理依頼でも楽しく観察させて頂きました。



まずは、大量の埃を絵筆を使って

丹念に落としました。

フレームやマグネットなど

水に強い部分は、マジックリンで

ひと拭き!!



やっと、触れる用になったところで

亀裂劣化もある、ツィーターへの

ケーブルですが、、、、、

ご覧のように汚れを落とした後に

アーマーオールを塗って保護しました。


亀裂が酷いところは、

それ以上広がらないように、

アセテートテープ(黒い布製)で

補修しています。






浮きサビが酷く、黒塗装が剥がれ

醜かったフレームは、サビを落として

再塗装しました。

見違えるように落ち着きました。





ツィーター用のアッテネーターBOXも

同様の方法で再塗装、、、。

見えないところではありますが、

ほっておくと、サビが酷くなります。





そして、アルファーシリーズの

特徴の一つである、鏡面のマグネット


ですが、いくら拭いても、汚れが

落ちませんでした。




最後の手段!!

車のメッキ部分を磨く時に重宝して

いる、”スチール・たわし”で、

マグネットのメッキ部分を

磨きました!!



どうでしょうか??

磨き傷が付きそうと懸念されますが

全く付きません!!

実は、”裏ワザ”なんです!!

・・・でも、実験は自己責任で!!



幸いボイスコイルの異常は無く、




長年の仰向け保管で下がった

コーン紙をダンパー及びエッジを

一旦 軟化させて、位置を戻して

再度硬化を待ちました。


アッテネーター(可変抵抗)の

摺動子を綺麗にして

再組込、裏側も再塗装してあるので

綺麗になりました!!





残念ながらお預かり品ですので、

エッジの硬さを調整して

軽く音出しして返却しました。


いずれ持ち主さんのお宅で

元気な歌声を聴きたいです!!



ところで、なぜ?日曜日の投稿を途中で止めたと思いますか??


実は、昨晩締め切りで、コーラル:10TX-70が出品されていました。

その入札状況に悪影響を及ぼしてはいけないと、自主規制して

10TX-70の情報を抑えたのです。


何せ、知る人ぞ知る”隠れた名機”ですので、

その争奪戦が激化するのは必至でした、、、、。


気になるその落札価格は???


あなたなら・・・・・・おいくらまで入札したでしょうか??



私は、ついていけませんでした!!(笑






スポンサーサイト



コーラル:8F60・・・・+おまけGET!!

やっと連休になって、気の緩みが出たためでしょうか?

昨日から一転して、今日の午後は、

防ぎ味の気分で眠気が襲ってきました。

日頃から、気分転換が下手なだけあって連休になると疲労が溜まって、、



さて、ハードオフで3連敗して、挽回のチャンスを伺っていたのですが、

面白いものをゲットいたしました!!


コーラル:8F60です。

見た目は、JBL:LE8Tを若干大きく

した感じです。

今回ペアとして売っていたのですが、

ご覧のとおり、あまりに程度が違って



いますので、前オーナーは、1本づつ

入手した可能性もありますね。

”音出ました”と言うコメントと

2160円のお値段に惹かれて

捕獲しました!!(笑




が・・・・・・驚いたのは、ここからなのです・・・・




一緒にラッピングされていた、

黒い小箱を開けてみたところ!!

アツテック:802用と思われる

振動板が入っていました!!

勿論、交換用として、ボイスコルも



セットされており、802の振動板や

ボイスコイルに異常がある方なら

喉から手が出るほど欲しいのでは!

新旧が各1個です。

・・・左の写真は、新型のタンジェリン

ドライバー用ですね!!



コーラル:8F60は、片方のエッジが

剥がれていました!

エッジ貼付けようのボンドで貼り付け

修理的には、他に何もしないで

済みました!!(幸



全体を綺麗にして、完了です。

幸い両方共にエッジは、弾力も

あり、皺を気にしなければ

十分使用できる感じでした。





実は、8F60は以前BOX付きで

購入しており、現在は、ツィーター

コーラル:H-30の接続を外して

フルレンジで使用しております。

LE8Tほどのエネルギー感は



ありませんが、コーラルらしい

”オールラウンド”で使用可能。


では、今回入手した8F60は、

どうしたら良いか??

音質的には問題ありません!!



ハードオフに置いてくることも

出来そうですが、困った挙句に、

”スピーカーおたくさん”に、

電話したところ、

”喜んで引き取ってくれました!!”


2000円+コーヒー奢り(350円)ですので、

2350円で引き取って頂けたので、かなり得した気分です!!


勿論、アルテック:802の2枚の振動板も一緒に渡しました!!

スピーカーおたくさんも”思わぬお宝ゲット!で、大喜びしてました!!


これだから、ジャンク遊びは止められないですね!!

でも、時折り ”正気に戻る時があって”・・・・・

一人遊びに寂しさを感じます。


こうして、ブログで紹介することで、皆さんから明日のジャンク遊びに

”勇気と希望を頂いております!!”

コメント!!・・・・ありがとう御座います!!









コーラル:6A7

たしか?

31年前の今頃のことでした。


地元の大学を卒業して、地元の小さな会社に就職したばかり、

車も持っていなければ、女性に興味がある訳でもなく、

折角の連休も、オーディオ遊び、そして、学生時代の友人が

卒業する時、アパートの前に置き去りにしていった、

”HONDA:CB50”を、大切に磨いている夕刻のことでした。




もうすぐ、日もくれるころ、

”ガタピシャ”と今にも壊れそうなオンボロ車が家の前に止まりました。

そして、ドアを開け目の前に現れたのは・・・・



彼は、学生時代からの友人、

私と同じく地元の就職したのです。


オンボロ車は、学生時代にアルバイト代で買った、

”ミツビシ:ランサー・デレスケ”


・・・本当は”セレステ”だったと思う・・・

・・・でも、皆んなからは”デレスケ”と呼ばれていた・・・




彼は、学生時代から車に乗り、実家近くのアパートに住んで、

可愛らしくて、誰もが羨む彼女がいた。


その彼女は、クラブ活動の打ち合わせなどで

彼のアパートに皆んなが集まると、

”手料理をご馳走”してくれたのです。




そんな彼が、卒業以来初めて訪ねて来たのです。


「おーっ!久しぶりじゃないか!・・・上がれよ!」


私はいつものように、オーディオ談義と思って招いたのですが、


「いや、、、、ちょっと外で話せるか?・・・・」


浮かない表情の彼に、一抹の不安が・・・


近くの公園のベンチへ座り、彼の話を聴き始めました。



辺りは薄暗く・・・・


そして、話し始めた彼は・・・・

「◯◯と別れた・・・・・・」*彼女と別れた

(まさか!あんなにお似合いなのに・・・)

私が話しだす前に、彼は続けた・・


「二股をかけられていたんだ、先日もう一人の彼氏と

一緒に歩いているところを見てしまった。」

「そのことを問い詰めると、二股をかけていることを話してくれたんだ・」



もとより、女性関係に全く弱い私は、慰める言葉すら見つからなかった。



暫しの沈黙・・・・



「プリウス・・・お前は彼女は出来たのか?」


突然の問いに、戸惑いながらも・・・・


「いやっ・・・俺には彼女は無理だと思っている」


「そうか、、、彼女なんていらないよなーーーー!」

「女はみんな、嘘つきだ!・・俺は本気で結婚しようと思っていたんだ!」



彼は、酔っている訳ではないが、一人で話し続けた・・・



辺りは、真っ暗・・・・・ベンチの隣の街灯は切れているらしい


遠くの街灯を見て、、、、”ふと・・夜空に目をやった”



そして私は、思いついたのだ!!


どこかで見た、青春恋愛ドラマのワン・シーーン!



「なー、、、ヒガシ(アダ名)・・・・

あの空を見てみ・・・

世界中の女性なんて・・・・


あの月の数ほどいるんだぜ!・・・・

また いい人と出会えるって・・・・」



すると彼は・・・・涙を拭きながら言った!!


「じゃ、、、、もう彼女は出来ないと言うことか・・・・・」











世の中は、ゴールデン・ウィークに突入ですね。

うちの会社は1日から工事停電なので、

今日と明日は休日出勤なんです、、、、、

ほんの一部の部署ですが、かなり厳しい作業が・・・・






さて、オーディオ遊びですが、僅かに存在するリアル友達から、

スピーカーを頂きました!!(幸


お礼と言っていましたが、私はお礼を頂くようなことしたのか??

・・・それは、超低音と3D方式の優位性について力説したのです。


その友人は、マンション住まいで、音量があげられないことに加え

クラシックのオーケストラが好きで、可能な範囲で超低音の追加方法を

お教えしたところ、たいそう喜んでくれたのです。(後日サブウーハーで実験)




頂いたのは、コーラル製

6A7・・・・16cmダブルコーン

昔のフルレンジとしては

珍しく、コーン紙は

柔らかな部類です!




中古で入手した時から

既に、エッジが固くなっており

更にコーン紙にあちこちに皺、

ダブルコーンにも皺、

センターの防塵キャップは欠損!



私は、皺関係は、そのままにして、

エッジの軟化だけ挑戦!

もとから柔らかいコーン紙なので
皺を直すより、エッジを柔らかくすれば本来の音質近づくかと・・・。

いじると、酷くなりそうです。



ブレーキフルードを塗って、

数日間、左の写真の状態で

音出しです。・・・小音量

毎晩、エッジを軽く揉みほぐして

やっと、コーン紙よりも柔らかくなりました。



40リットルほどのバスレフ箱に入れて

試聴開始!!


「やはり!!・・・

ダブルコーンとは言え、コーン紙と

同じ素材・・・繋がりスムーズ」



そして、決して欲張らない高音に

マッチした、低音!!

バランス的には最高です!!

これは、エッジの柔軟性と

ダンピングもマッチしていると言うこと

ことですね!!


私は、欲しかったフルレンジを頂き、友人は3Dウーハーを追加して、

フルオケが更に楽しくなって・・・


・・・目出度し・目出度し・・・・・の結果でした!!


コーラル:4A-60

ゴールデン・ウィーク最終日、、、皆さんは、どう御過ごしでしょうか??

計画は、実行出来ましたか??

私は、気の向くまま・・・・特に無い計画、、、、のんびり出来ました!!


皆さんのブログを拝見させて頂いて、、、、ちょっと、気になる、”ハード**情報”、、、刺激を受けて!!

私も、久しぶりに、、”スピーカーを買いましたー!”


お店の説明ですと、メーカーが、”ALiC”と書いて

ありました!・・・裏板に、”ALiC日進”と!!

聞いたことが無いメーカーです、、、。









グレーのBOX”に薄いブルーのサランネット!!

10cmフルレンジ??・・が透けて見えました!!











サランネットを外して、、ユニット見ました!


「こ こ こ これはーー!!・・・」

「こ こ こ こーーらるー!!」


間違い無いと確信を持った瞬間!!

2台を抱きかかえ・・・・・

記憶が無くなりました!!



気がつくと、、、、レジの前、、、、、

店員さんに質問されました、、、、。

「お客様、、、この商品は、”ジャンク商品”になりますので、、、、

・・・”返品・返金”は出来ませんが、宜しいですか???」




「そうなんですか??・・・それじゃ!・・もっと、安くしてくださーーい!!」

・・とは、言わず、、、、

「いいですよ!・・・でもこれは、”激レア品”ですが、絶対返しませんよ!」




・・とも、言わず、、、、黙ってうなずいて、、、1,050円を支払いました、、、。





家に帰り、、ユニットを外すと!!

”やっぱり!!”

コーラル:4A-60(16Ω)でした!!






時々、オークションで見かけて、入札するのですが

結構なお値段になってしまって、、、、。



当時は一個、2,500円でしたので、、、、

フォステクス:FE-103(当時2,800円)の

ライバル(対抗馬)ですね!!




実は、フォステクス:FE-103は、、

学生時代に新品購入していたのです!!


今も時折り、取り出して聴いているのですが、

コーラル:4A-60は聴いたことが無くて、、

気になっていたのです!!


今回出会えて、本当に良かった!!











両者のスペックを当時の雑誌記事から見直して見ました!!・・・・・・当時価格は昭和54年です。


フォステクス:FE-103
F0=80Hz
F特:80Hz~18KHz
m0=2.7g
Q0=0.35
入力=15W
音圧レベル=89dB

コーラル:4A-60
F0=80Hz
F特=80Hz~18KHz
m0=2.6g
Q0=0.34
入力=16W
音圧レベル=91dB


良く似ておりますね!!


BOXの汚れを落として、、、、

剥がれた部分を、ペイント、、、

若干色が合わないようですが、、、、

自分が使うので、、、手抜きです!(笑









エッジが固まりかけていましたので、、、

軟化処理をして、、、

楽しい!楽しい!・・・お時間突入!!

ただの、”試聴・・・・・”です!


”非常に乾いた音はFE-103と似ています”

ただ、中高音の癖はありません!!

FE-103より癖が無い分、聴きやすいです!


しかし、、どちらも共通の、、”低音””

バスレフBOXでは、、、、

”ポコポコ”と可愛らしい低音です!!

FE同様に”バックロードホーン”向き??

・・・なのですね!







忠実再生音と言う意味では、、、

”とてもとても”、、、お勧め出来る物では

ありません!!


ボーカルなんかは、”いい線”いってると

思いますが、、、。






でも、当時 ”自作スピーカー”を!・・・と、考えると、、、この2種類


そして!

ダイヤトーン:P-610(当時2,800円)16cmフルレンジ

パイオニア:PE-16(当時2,900円)
16cmフルレンジ


などは、お値段もお手頃!!・・・・工夫次第で、音質もバッチリ!!・・でしたね!!



それに!!・・・・・・あまり、有名ではありませんが、、、”隠れた名器”

アシダボックス:6P-HF1(当時1,450円)16cmフルレンジ

・・・・・これを見つけた方は、 ”即!確保!” ・・・・して下さい!


・・・・万が一!現在、お持ちの方!!・・・当時の新品価格で引き取りますので、、、、、

・・・・連絡をお待ち致しております!!・・・・(笑


久しぶりの、”ハード**”ジャンクスピーカーでしたが、、、1,050円のお遊び!!

・・・昔、、買い忘れた、懐かしいスピーカーに出会えました!!


・・・良いゴールデン・ウィークでした!!(笑













コーラルBX-300、設計者に拍手!

連休も明け、3日目、仕事モードに十分切り替わりました。

輪番開始と予想外の業務増加でスタッフへの負担が心配であった・・・・・対策したが効果、少なく・・・。

悪い予感が的中してしまった・・・・・・。何処までやれば「良好」となるのだろうか??





連休を利用して旅行へ行った同僚との朝の雑談も久しぶりです。

「旅行どうだった?」・・・・・「いやー、暑くて参ったね、クーラー効いた部屋で寝てたほうが良かったよ」

・・・・・(あらら)・・・・・

「近所の知り合いに犬を預かってもらっていたんだけど、帰って来てご飯をあげたら食べないんだよ」

「御近所さんの所で美味い物ばっかり食べてたんじゃない」(笑


「いやいや、心配になって動物病院に連れて行ったら、虫歯だって」


「ええ! 動物も虫歯になるの??知らなかった・・」


「そうなんだって先生が言ってたよ、御近所さんで 甘い物 でも食べてたんじゃ無いかって・・・・


・・・・でもね、動物でも ペンギン  は虫歯にならないんだって・・・先生が言ってた」


「そうなの?」



「そうでないと サンスター商品 が売れないだろって、先生が言ってた」




涼しくなってもこの程度です・・・・。



先日「エッジ軟化」で蘇った「コーラル 8TX-70」・・・・実は同時進行でもう一つのコーラルのエッジ軟化も

していたのです。


1年ほど前でしょうか、休日の午後、暇を持て余していたので、ちょっと遠いリサイクルショップへ出かけたのです。

特に期待出来る様な「ジャンクコーナー」があるわけではないのですが、妙な胸騒ぎを感じて・・・・。



車で30分ほどで到着・・・・・中古商品(数千円)がずらりとならんで、「やっぱり手の出る価格では無かった・・。

ふと、帰ろうとした時に、片すみに見えた「汚いスピーカー」・・・・触るのもいやになるほど、土までついてます。

ただ、そのプレートに「CORAL」の文字が・・・・。


余りの汚さでお値段一個「315円」・・・・・2個で630円・・・・・買える・・・。

捕獲したのは「コーラル BX-300」・・・・・・全く知識がありませんが「コーラル」ですから、、、、。

・・・・・全くコーラル好きには参ります・・・・・・・って、他のメーカーも好きだって言ってたろーーー!!


持ち帰って早速お掃除・・・・・特にその「BOX」突き板仕上げを蘇らせようと、

400番サンドペーパーかけの後、「ワトコオイル3回塗布」・・・・乾燥後800番耐水サンドペーパーかけ

そして、仕上げのもう一度「ワトコオイル」・・・・・ナチュラル色・・・・・




その甲斐があって、極上の仕上がり・・・・・・・・・

日焼けが激しかった、サランネットは一旦外し、裏表を逆に張替えました。

一旦外して、洗濯・・・・アイロンかけ・・・・・ちじんでしまいました・・・・・思い切り引っ張りながら貼り付け

・・・・大変でした・・・・・トホホ、、、、。



そしていつもの音だし・・・・・「低音がいません」・・・・・ウーハーエッジ、ガチガチ


シンナーを塗ったら、 はじかれ ましたよ。・・・・・ダンプ剤はビスコロイドでは無いようです。

半田ゴテによる「熱溶解作戦」・・・・・・一旦溶けますが、あっと言う間に凝固・・・・・

打つ手無しで取って置きました。・・・・・・1年近くもほったらかし???・・・・時々使ってましたよ・・。



そして、連休中にブレーキフルード作戦・・・・・・これは効きました・・・・・本来?と思われる柔らかさ・・・。



なかなかのアルニコマグネット・・・・フィックドエッジにダンプ剤・・・・・重低音向きではありませんね!

で、この「コーラル BX-300」・・・・オーディオの足跡によると3Way”バスレフ”・・・となっています。

ただ、「バスレフポートが無いんです」?????


・・・*ウーハーの穴から見えるのは「日焼けしたサランネット」です。・・・裏表を逆にしましたので!

良く見ると、ウーハーが「サブバッフル」に取りつけられて、「メインバッフルとずらして」取りつけてあります。

・・・・・解りやすくするのに「スピーカーリード」を隙間に通しました。

ここが「スリットダクト」になるんですね。・・・・・・凄い!VA方法だ!!

でも、何の補強も無いサブバッフルの一辺は「かなり響きそうです」・・・・・・変な音しそう、大丈夫か??



そしてスーパーツィーターにホーンを採用する割に10cmツィーターのマグネットは「豆」ですね、

耐入力は???・・・・・・危ないVAだ!!



エッジ軟化したウーハーを取り付け「改めて」視聴開始・・・・・・・、良いですねこれ!!・・意外です!!


低音は予想通り重低音は出ません、そして懸念した「サブバッフル」・・・・・響きます、それが心地よくて!!


中音は「ウーハーが受け持っていますね」・・・・・・低音との音色が一体感があって好感が持てます。


高音はスーパーツィーターがあるとは言っても伸びきりませんね。・・・ナロー感・・・昔はこんなもんでしょうね。

10cmもあるツィーターも出しゃばらず、・・・あくまでも自然に・・・・


ただこの高音、ツィーターが不思議です。

1μFでローカットしてありますが、更に10Ω直列・・・・レベル合わせの抵抗ですが、ローカットは

20KHzでは無く10KHz弱まで落ちますので、これまたスーパーツィーター的???

10Ωの御蔭で「豆磁石でも入力耐えてますね」



一見「VA」による「バスレフダクトの削除」や「ツィーターの豆磁石」かと思ったのですが、

合理的VA・・・・・ちゃんと「音質も整ってました」・・・・・設計者に拍手!!




一昨日から続く、涼しい日々・・・・窓をあけると虫達の鳴き声が一段と大きくなってます。

1年で一番、音楽の似合う季節ですね!!

窓全開・・・・「コーラル」を極小音量にして「レッドガーランドのピアノ」と「こおろぎの鳴き声」の

輪唱を楽しみました・・・・・・どちらも「ころころころ・・・・・・」と楽しげに続きますよ。




皆さんの「秋」・・・・・どんな音楽を楽しまれていますか??












プロフィール

プリウス1

Author:プリウス1
お役に立てないステレオの思い出話ですが、コメント大歓迎です!!

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR