第2ステップ完了!!嫌らしくありませんよ!!

新年号が決まりましたねーーー!!

30年以上大活躍してくれた”平成”に御礼を申し上げました!!

「長い間大変お世話になりました!ありがとうございました!!」


そしたら、平成がこう答えてくれました!!

「4月30日までは、平成なのでまだまだ頑張ります!礼は(令和)その後ですよ!!」







楽しいオーディオ遊びですが、今年に入ってすでに3カ月が立ちますが

ずっとホーンシステムで聴いてます!!

まるで学生時代に戻ったように毎日聴いてます!!

3rdシステムじゃなくて、1stシステムに返り咲いてます!!(笑


そして!!深化中でもあります!!

第2ステップとして、高音に切れを加えたくて

ツィーターを交換することにしました!!

今まではテクニクス:8HH17G

フェライトマグネットで最高音の伸びは問題なく

癖のない伸びやかさは中音との

相性バッチリです!!




そして!新たに交換したツィーターは上の写真の

8HH17Gの下にぶら下げて実験した

クライスラーのホーンツィーターです!!

これは、右写真上ににあるようにフェライトタイプ

ですが、テクニクス:5HH17とホーン部が同形状

ですのでアルニコのT100

(サンスイへのOEM供給品)に交換して


実験しました!!

かなり成功の自信があったのですが、

残念な事にかなりの癖で耳障りな響きが

出る時があり、それはセッテイングやF特調整で

取り除けるものではありませんでした!!

アルニコの切れは感じるのですが

安心して居眠りが出来る音からは程遠い!!




一旦取り外して、もう一度ホーン部の構造を

確認すると、共鳴??を起こしそうな部分に

気が付き、改造に手間取りそうなので

5HH17Gへとバトンタッチしました!!

これは、5HH17の後継モデルで8HH17G同様

学生時代から愛用しています!!

手持ちの中では最も信頼できるツィーター!!




アンプラックのレイアウトも変更しスッキリとし

換装した5HH17Gで試聴開始!!

懸念していた能率の低さもさほど感じず

聞きこむほどに、なめらかで切れがある高音に!!


大成功です!!

ヴァイオリンソロがくっきりと浮かび大好きな音に!






そして!その録音状態からして再生に

手間取っていた、懐メロの女性ボーカルを

久しぶりに聞きたくなりました!!

”決してジャケット写真”を見たくなったのでは

ありません!!

純粋に彼女たちの歌声を聞きたくなったのです!!

本当です、”ジャケ写”も嫌らしくありませんよ!!



やっと、エコーに隠されながらも、それぞれの歌姫の特徴ある歌声が聞けるようになりました!!


調子に乗って、温存したまま10年近く経つ

キャンディーズ1676日(BOXアルバム)を

引っ張り出して聴きまくりました!!

温存している間にスーちゃんが亡くなって

生のキャンディーズの歌声は二度と聞けなく

なりましたね!!( ;∀;)

改めてスーちゃんのご冥福を祈ります。。





3人のポスターもしっかりと保存されております!!

全く嫌らしくありません!!


純粋に3人の可愛さとそのコーラスが

好きなのです!!


信じて下さい!!






たった105円で買ったジャンクレコードですが

ミニ写真集だって、キチンと入っていました!!

傷みもの無く良好な状態です!!

どうです!!

嫌らしくないですよね!!

可愛いですねーー!!




さらに!!

なくなっていても不思議ではない

シールセットと発売当時のカレンダーも

全く使われていない状態で保管されてます!!

105円のお宝レコードBOXです!!





こうして、深化したホーンシステムは、狙い通りにオールジャンルを

安心して居眠りが出来る落ち着いた音になって来ました!!


やっぱり、ホーンから出てくる音が一番好きなのかも知れません!!

そして!!第2ステージが完了し、現在第3ステージでの実験中となっております!!


益々楽しい、オーディオ遊び!!

皆さんも古い機器達をお金を掛けずに大いに活用しましょうーーー!!


*”ナイス”ボタンが廃止されてしまいました!!

お手数ですがコメント欄へ”ナイス”の記入投稿をお願いいたします!!m(__)m




















私なら”小川知子さん”ですね、、、、、(自爆!!
スポンサーサイト



重い腰を上げてホーンシステム深化中

2月1日に亡くなった”2W”のマスターへの沢山のお悔やみ、ありがとうございました。

4日の通夜祭から5日の葬場祭まで参列することが出来ました。


100人を超える沢山の参列者の中には、”Wade Rage Club”の方々も多く

マスターの早い旅立ちを悔やんんでおられました。

”(郡山)Full Range Club”からはお店に馴染みのある4名が参列、

中のお一人は、4年間の海外駐在から帰ってマスターに合えず仕舞いと

悔やんでおりました。


また、お店の常連さんは全て参列されているように見えましたが

思い返して見るとお馴染みさんでもあるにも関わらず、見受けられない方も、、、。

寂しい限りです。


その後、数日たってお店に顔を出すと、約束通り奥様がお一人でも開店されており

「営業継続がマスターの供養、何もしなと一人なので寂しさで一杯なので、、、」と

頑張っておられました。


更に一昨日、マスターの遺品整理を手伝う常連さんが愚宅を訪れてくださり

今後数か月かけての遺品整理の計画やお店自体の方向性を聞くことが出来

私自身も落ち着いたところです。


お店はオーディオ機器ともに継続ですので、お近くをお通りに際は、お立ち寄りください。

・・・事前にご連絡頂ければご案内いたします・・・




さて、オーディオ遊びですが、今年に入って大きくお遊びを修正しております。

今まではジャンク遊びばかりで、年に数回しか稼働させなかった

3rd(サード)システムですが、今は毎日稼働しております。

と言うのは、学生時代は1セットしかなくメインシステムとして毎日稼働させた

ホーンシステム(現3rdシステム)を学生時代の続きとして

深化させることを試み始めました!!



まずは、3Wayマルチアンプを止めて

2Wayマルチアンプ+ツィーターに戻し

学生時代に使っていたチャンデバの

ビクター:CF7070を修理し復活!!

ウーハーとホーンのクロスを

340Hz→300Hzに変更しました。



狙いは使用アンプ台数の節約!(笑

毎日使うので少しでも電気代を減らしたい!!

22Aホーンの高音はカットしないのですが、

師匠からの助言で”高音の減衰が素直!”と

聞いていたので、実験開始!!

開始直後は聞いていられない濁った音でしたが




ツィーターとホーンの音が重なっていると見て

ローカットコンデンサを”2+0.5+0.5”として

約6KHz・8KHz・10KHzと変更可能としました。

信頼度からしてオイルコン意外は実験せずに

2週間かけて”ゆっくりとエージング”し

グライコで中高音を下げて最高音を上げる

補助をして納得の繋がり!!


これが見事な出来栄えで過去最高です!!

大好きな弦楽器も嫌みなく響き、かと言って管楽器の輝きも不足なく!!

まるで22Aホーンだけで8HH17Gは一体化したかのような”奥行と広がり!”

目指していた”安心して居眠りが出来る音”になりました!!(笑



その他、モショグラフ用のアンプを変更!!

今まではビクターMCA-V9のパワー部を

BTL結線で使用していたのですが、

温存していた、”2A3シングル”に変更しました。

低音再生面では不利!!と言われそうですが

ピアレスのOPTで武装し、WE91型回路に変更

及び知り合いのアンプ名人の再製作により


以前とは完全に生まれ変わった2A3sは、戦前に製作された励磁型ウーハーの

18インチ:モショグラフを堂々と駆動いたしました。

そして、今までは時折り制御し切れない?ような”ボヨン”とした低音をあっさりと再生してくれるので

ここでもまた、”安心して居眠りが出来る音”に新化しました!!




色々なジャンルを聞く私にとって

すべての録音で満足することは

出来ないかも知れませんが

出来るだけ多くのレコードやCDを聞きながら

微調整を繰り返すことも

オーディオの醍醐味だと思います!!



また、13日は、深化途中だったホーンシステムをお聞きに

mizuさんとクフィルさんのお二人のフルレンジクラブ員の訪問を受けましたが

3時間ほどお聞きいただいても、然したるご指摘も無かったことから

良い方向に向かっているのか?と自分を暗示して、(笑)

現在は次のステップの実験中です!!





*コメントもお忘れなく!!



退院中に出来たこと

再入院の日が近づくにつれて、段々眠れなくなって来ました。

身構えていたとは言え心のどこかに不安があるこも確かです。


でも、その程度の事で不眠になっていたのでは、

大阪や京都にお住まいになっている方々に

お叱りの言葉を頂いてしまいそうです。

その方々も眠れなくて悩んでいるそうです。








・・・大阪不眠(府民)・・・・京都不眠(府民)・・・・




退院している1か月半の間に1度だけリサイタルに行く事が出来ました!


チェロとピアノのデュオリサイタル

全席自由席でしたので、

スピーカーおたくさんとジャズ親父さん

との3人で最前列で聴きました!!




その艶々のチェロの音色に酔って、愚部屋に戻ると、ジャンクシステムが

あまりにも情けなくなって暫く灯を入れる気になりませんでした。





しかし、そんな時こそ頼りになるのが

学際時代から大好きな大型ホーン

なのです。

今まで沢山のスピーカーに出会って

来ましたが、一貫して大型ホーンの
音が一番好きです。


繊細でありながら、そのアタックと

リリースの明快な音調は軽量振動板

からのエネルギーが余すところなく

再現されている効果と感じます。

勿論、周りの機器にも注意が必要!



今回は4カ月ぶりの火入れで、

ツィーター用の6BX7シングルが

不調!!・・6CA7シングルで

代用するも、5極管の宿命か?

若干悲鳴気味の音が、、、


ホーンシステム用にアンプの愛称は随分と実験しましたが、

やはりNFB無しの3極管シングル接続がピッタリでした!!

・・・出来れば、直熱3極管が良いようです。


長い音道はくるりと巻かれた

所謂カールホーンにより

奥行は80cm弱で収まります。

現在休眠中のYLリエントラント型は

70cm弱で収まります。



80cm角の24mm厚合板に

取り付けられた18インチウーハー

誰しも「平面バッフル?」と

低音の出方に疑問を仰りますが

愚部屋に訪問頂いた方々からは


一切の不満がなさそうなので、これで十分かと思います。

きっと、再低音が必要な際はサブウーハーが頑張っているからかと、、、。

もっともチェロとピアノのデュオでしたらサブウーハーは活躍しませんが、、、。


大型ホーンはもっともっと人気が出てもおかしくない音だと思いますが、

全く人気が寂しいですね、、、。






そして、退院中に一度だけ来た、修理依頼にもお答えすることが出来ました!!


ダンパーとボビンの接着部分が

完全に破れたジェンセンフルレンジ

フィックスドエッジでしたが、

何とかコーン紙を外すことに成功

しました!!



外したコーン紙を裏側から補強!

経年劣化のためか?コーン紙の

あちこちにヒビが入っており

障子紙を使って補強が必要なほど!

勿論破れたダンパーも接着!!





マグネットのギャップには汚れと薄っすら錆が

出ておりましたので,ギャップにコピー紙を

滑り込ませ汚れと錆びを落として

錆び止め代わりにCRCを薄く塗りました!





再度組み上げて、楽しい試聴!

モノラル再生で、女性ボーカルを

楽しみました!!

小さな平面バッフルですが、

夜静かに古い女性ボーカルを



楽しむためには

何の不満もありませんでした。

ジェンセンの隠れた魅力が

沢山感じることが出来て感動です!!





またいつか、ブログ記事更新出来たら良いな、と思います。



再入院が近づいて来ました、リコメ出来ないかも知れませんが

私にとって大切な明日への活力であるコメントをお忘れなく!!










暑さに溶けそうな近況!!

1、近況報告

蒸し暑い日が続きますね!!

福島でも36度の最高気温でした!!

あまりの暑さに、水風呂に入って、

ごろ寝をしていたのですが、、、、



そんな姿・・・・

買い物から帰って来た家内が一言・・・・・


冬のソナタのヨン様より、


夏のアナタが素敵ですよ!」




私は、嬉しくて暑さを忘れて

近所のスーパーベニマルへ行って

家内の好物である

うなぎの長蒲焼(1815円)を買って来た!

*お小遣いの関係で1つだけしか買えなかった。( ;∀;)



家内にプレゼントしたのだが

尻尾の方から1/3ほどおつまみに分けてくれた!






若い頃の家内は、

チェ・ジウより

2割ほど美人

だったことを思い出した!!






2、フルレンジクラブ総会のお知らせ

フルレンジクラブ総会の開催予定

日時:7月21日(土)  18時~

場所:郡山駅前アーケード内  くつろぎの里 庄屋

参加費:4000円(以内)

参加予定者:郡山市近郊クラブ会員7~8名





3、オーディオ遊び

エアコンの無い 愚部屋は、我慢しても午前中しかいれない、、

午後は扇風機も熱風を送って来るので退散するしかない、、。( ;∀;)

そんな中、フルレンジクラブの重鎮がお二人も表敬訪問して

下さいました!!


今回は、お二人それぞれが

探していたスピーカーが

私の師匠の御友人から譲って

頂いたので、レストアしてから

お二人にお渡しすることになり



完成後に愚部屋での視聴会と

なりました!

レストア風景は後記事にするので

今回はご紹介出来ませんが、、、。


お二人とも、無類の弦楽器再現の


名手で今回購入されるスピーカーも

弦楽器再現用として求められるので

試聴はCDによるヴァイオリンを

中心にお聞きいただきました!

*感想はレストア風景の中で!








そして、お二人とも何度か愚部屋を

訪問して頂いているので

ホーンシステムの音も御存じ!!

今回も試聴頂いたのですが、

特に問題点の指摘もなく無言で



聞かれていたので安心しました。



買ったばかりのジャンクレコードで

モーツァルトを楽しんで頂きました!

今まで数え切れないプレーヤーを


導入して来ましたが、結局は

手放すことになりました、、、。

やはり、DP80+ニート+DL103

の組み合わせには敵わないのです。





これはお二人も不思議がるほどの

音質ですが、私にとっては

学生時代から親しむ懐かしい音、

今後も変わる余地は無いかと

思います。


「なぜ?これが良いんですか?」と質問を受けるたびに

同じ回答をするのですが、、、、、。



お勧めする、オイルダンプアームの調整の難しさや高騰ぶりから、

気が引ける状態で、せめてプレーヤー選びのコツ程度しか

説明出来ないのです。


これは、30数年に渡り、大型ホーンあるいは超低音再生用に

サブウーハーを、お聞きいただき、

それをお勧めしても、誰も導入された実績がないのと同じように

もはや過去の遺産にもなってしまったのでは?

と、1人で危惧しているこの頃です。



でも、学生時代に得た先人からのノウハウと機器達で

弦楽器に限らず、あらゆる音楽の音が

今も変わらず好きなので天変地異が起きない限り

決してHi-Fiでなくても、今後もずっと聞き続けることと思います。



・・・マイナートラブルの修理と微調整をしながら、、、人知れず、、、細々と・・・・










これも皆様の声援のお陰です!!m(__)m

5月1日~2日にかけての出来事です!

前記事

ビクター A-X5・・・三流師匠ありがとうございます!!


が、カテゴリ”オーディオ””家庭電化製品”での

人気記事ランキング1位を獲得した上で

更に、念願であった”家庭と住まい”でも

1位を獲得ることが出来ました!!




そして!更に驚いたことに(全てのブログ)”人気記事ランキング”で

7位に食い込む快挙を達成いたしました!

個人的には、最高の栄誉と皆様からの声援に

感謝が絶えません!!m(__)m



今後も「お役に立てないステレオの思い出話しですが、

コメントのほうお願いします!」m(__)m



オーディオ遊びにほうは、嬉しい事は起きませんでした、、、、。

一昨日3日そして4日にかけての出来事です。



前回のご紹介は、2017年1月22日の下記記事、、、


1年と4カ月ぶりに灯を入れた第3システムですが、

長い事ほったらかしにしていたためか不調の機器達が、、、


レコードプレーヤーのDP80+

ニートオイルダンプ+DL103

DP80のストロボが点滅・・・
オイルダンプのオイル劣化のためか音飛びし再度セッティングの見直し
必要。




同プレーヤーのLenco L75

立型アイドラーが滑っている様子で
回転直後の立ち上がりに所定速度
に達するのが若干遅い!

トルクは問題なさそうなので
アイドラの研磨が必要。




同プレーヤー ビクターJL-F35

変わらず絶好調!!

唯一のフルオート機!!

とてもシステムコンポの片割れとは

思えない音質で35年のお付き合い!




プリアンプ ビクター MCP105

名人のレストアで復調していましたが

流石に古くなって、VRにガリが発生

接点関係だけでも修理が必要。





上・・チャンデバ サンスイCD5

問題なし・・・数年前レストア済

下・・3D用チャンデバ 師匠友人作

問題なし・・・制作後30年以上経過

以前リレーの接点復活済





1段目・・24V励磁電源 師匠作
問題なし

2段目・・6B4Gシングル(中音用)
立ち上がり時”カサコソ”ノイズあり
制作後37年・・・
せめてコンデンサ交換か?

3段目・・6BX7シングル(高音用)
問題なし

最下部(写真写り半分)・・ビクター MCA-V9(低音用)

パワーアンプ部分だけBTLで使用。

ここは、アンプ毎交換必要・・・

元からウーハーとのマッチング悪くDFの問題か?


サブウーハー用アンプ サンスイ製
6CA7 プッシュプル MONO
・・問題なし

(写真なし)サブウーハー 
アルテック 411-8A
(400リットル バスレフ)

10年前に北海道のファンテッ○の
エッジに貼りかえたところ

ウレタンエッジにコーティングがされており、”ガチガチ”になった!!

以来 F0が上昇して超低音が出なくなって かなり不満!!

コーティングのしていないウレタンエッジに交換必要。


(中音)22Aホーンレプリカ師匠作
+YL5500
問題なし・・・せめて再着磁したいが

(高音)テクニクス 8HH17G
問題なし

5HH17Gも同じであるが、30年前は
誰も見向きもしなかったツィーターが
最近のヤフオクで高値安定??



(低音)モショグラフ18インチ
問題なし・・・エッジの軟化は必要

三菱電機 郡山製作所でエッジを
新調されているのですが、
とても、戦前の作品とは思えない
状態で、励磁電源方式の立ち上がりの良さと相まってホーンとの繋がりも
上々!!




最終的に出てくる音楽は、ディテールが隠れ、超低音も伸びず・・

音量を上げると歪っぽさも出てくる有様でした!!


翌日になって、若干の回復はあったのですが、

丁度、愚部屋を訪問される二人のフルレンジクラブ会員の

”オークションのマジシャン”さんと”mizujbl”さんにも

聞いて頂いたのですが、コメントなし・・・・・


やはり、古い機器達ばかりなので、手放しで楽しむことが出来ません!

ジャンク弄りも楽しいですが、大切な思い出の機器達もお手入れしないと

いけませんね!!





・・・と、言いながら、既にジャンク達が部屋に戻っていて、お手入れ不可能(( ;∀;)





5月8日追加

大変失礼いたしました。m(__)m

ロバートプラントさんより、「お祝いに何か下さい。」とのご指摘をうけました。(笑

皆様から祝辞を頂いた御礼に、プレゼントを企画いたしました!!



まずは、賞品説明から


フォステクス GSV102ペアです!

本来は、ネットが嵌め込みで

外せないのですが、脱着式に

改造いたしました!!

10cmフルレンジ16Ωが片側2発!



初期型のFE103を防磁型に

変更しているようで、音質もFE103

そっくりです!!

ですが、ダブルで使用しているので

音に厚みが加わりボーカルが最高!


初期型FE103の程度良好品は、ヤフオクでも滅多に出なくなってます。

ユニットを流用して、自作BOXに入れて楽しむのも良いではないでしょうか!!

ダブルのバックロードホーンなんて、昔大流行りしてましたね!!




次に問題です!!


写真下の右端に隠された

2ケタの数字を当てて下さい!

ヒントは、”01~60”の間です!!

ピタリの方がいない場合は、

一番近い方が当選とします!!
(小さい数字の方優先)


ただし、ゆうパック送料着払い料金はご負担ください!!m(__)m

恐らく140サイズ・・・1梱包


締め切りは、10日(木)午後14時・・・・発送にお時間頂く可能性あります。








その他、下記2種の機器達ですが、”もし、必要な方がおられましたら”

連絡ください!!・・・・早い者勝ちです!!

ゆうパック送料着払いでお送りいたします!!


マグナボックス8インチフルレンジ

アシダボックス同様に超軽量コーン紙

で、高能率ですが、あちこちに

ヒビが入っており補修あります。


(ゆうパックサイズ80)



コーン紙の日焼けが気になる方へは

ご希望があれば、墨汁で真っ黒に

塗ってから発送いたします。

ですが、補修後は墨汁が染みない

ので、その後が残ると思います。




小型アルニコマグネット

軽量コーン紙にはこれで十分!!

出来れば、真空管シングルアンプが

お似合いかと!

静かに音楽を楽しむにはピッタリ!!








もう一つ!!・・・レストア途中ですが、

完成後にお送りします!!

パイオニア PL450A

フルオートプレーヤー!!

ですが、カバー欠品です、、、。



また、仕様なのか不明ですが、

アームのリターン位置が

写真のようにアームフォルダの

左端に戻って来ます。

その位置で外れる分けではありません。

ゆうパックサイズ140を見込みますが、

レストアに失敗した場合は、廃棄しますので、その際はご了承下さい。。。m(__)m


以上、2点・・・・拙いレストア品ですが、宜しければ連絡をお待ちします!


プロフィール

プリウス1

Author:プリウス1
お役に立てないステレオの思い出話ですが、コメント大歓迎です!!

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR